中原猶介(なかはらなおすけ)(読み)なかはらなおすけ

  • 1832―1868
  • 中原猶介

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩摩(さつま)藩士、軍事技術者。名は尚勇。また誼卿、鉄心斎と号した。猶介は通称。14歳のとき御庭方兼御薬方となり、蘭学(らんがく)を志し、1849年(嘉永2)から約3年間、藩命で長崎に出て蘭学を学んだ。島津斉彬(なりあきら)の集成館事業の中心的な技術者として活躍した。薩摩切子(きりこ)ガラスの製造、写真術の研究、反射炉の築造、洋式帆船や蒸気船の製造などに従事、また電信機の製作、電気を利用した水雷・地雷の実験など多方面にわたっている。斉彬の没後、職を免ぜられ、江戸に出て江川塾に入り砲術を修め、塾頭も務めたが、藩命で長崎で武器の購入にもあたった。1864年(元治1)軍賦役となり、禁門の変(蛤御門(はまぐりごもん)の変)には大砲隊長として活躍、第一次長州征討に従軍、第二次のときは長崎にあって薩長連合に尽力、鳥羽(とば)・伏見(ふしみ)の戦いには一番砲隊長として出陣、のちに北陸に回り越後(えちご)長岡の戦いで右足に銃創を受け、柏崎(かしわざき)野戦病院で没した。正五位が贈られた。

[菊池俊彦]

『中原尚徳・中原尚臣編『中原猶介事蹟稿』(1929・自家版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android