コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高麗尺 こまじゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高麗尺
こまじゃく

大和時の建築などに用いられたものさし。高麗人が伝えたというところからこの名がある。曲尺 (かねじゃく) の11寸7分6厘 (約 356mm) を1尺とする尺度令制では1尺2寸を大尺とし,『令集解』には,高麗尺5尺が今尺の大6尺に相当することがみえている。奈良時代の大尺が曲尺の約9寸8分にあたるから,その 1.2倍,1尺1寸7分6厘が高麗尺の1尺となる。この尺度は和銅6 (713) 年以前には土地をはかるのに用いられていた。法隆寺再建論争が起ったとき,非再建論者が,法隆寺の建築が高麗尺を使用したものであることを論拠としたことは有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こまじゃく【高麗尺】

尺度の一つ。日本では640年(舒明12)に初めて斗升斤両の制を定め(《扶桑略記》),尺度が法制化された。701年(大宝1)の大宝律令には度量衡規制を明文化し,大・小尺を制定する。大尺はいわゆる東魏尺にあたる高麗尺で,小尺とされた唐尺の1.2倍の長さをもち,大・小尺をそれぞれ測地と常用の二様に使い分けることを規定している。平城遷都後の713年(和銅6)には高麗尺を廃止し,唐尺の一本建てになった。6世紀末に造営が始まった飛鳥寺は高麗尺の完数値で設計され,法隆寺では部材寸法まで高麗尺を用いるなど,8世紀初めまで寺院,宮城の造営尺としても使用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こまじゃく【高麗尺】

大宝令制定以前に朝鮮半島から伝わった尺。主に測地用に用いられた。令の大尺に当たり、曲尺かねじやくの一尺二寸に当たる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高麗尺の言及

【飛鳥美術】より

…法隆寺にみられるエンタシスのある太い柱,皿斗(さらと)つきの大斗(だいと),雲肘木(くもひじき)や三斗組(みつどぐみ),卍字崩高欄(まんじくずしこうらん)や人字形蟇股(にんじがたかえるまた)などは,中国の六朝~初唐の様式が高句麗や百済を経て伝えられたもので,《玉虫厨子》にみられる放射状に斗栱を出す構造とか,円垂木,隅扇垂木(すみおうぎだるき)のような細部もあり,様式は多様であった。造営の尺度は1尺=約35cmと長く,後に高麗尺(こまじやく)と呼ばれた。伽藍配置では飛鳥寺のような一塔三金堂式は高句麗以外ではみられず,四天王寺のように縦1列で回廊が中門から講堂にとりつく配置は百済にも例がある。…

【ものさし(物差∥物指)】より

…長さに関する規定をみると,10分を1寸,10寸を1尺,1尺2寸を大尺1尺,10尺を1丈とする単位,進法であり,また土地の測量には大尺を使用し,他はすべて小尺を用いると見えるほか,関係官司には銅製の標準計器支給の条文も見えている。この大尺は高麗(こま)尺に,小尺は唐の大尺に相当し(唐尺),したがって大宝令制の尺は唐のそれと1対1.2の比で日本の尺のほうが長かったが,後,尺を唐制に一致させようとする動きがあり,そのため713年(和銅6)に大尺=唐大尺,小尺=唐小尺とし,唐制と一致することになった。しかし高麗尺は土地測量や土木工事などと密接に結びつくものであったため,その後も使用された。…

※「高麗尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高麗尺の関連キーワード代(土地丈量の単位)租庸調・雑徭朝鮮半島大和時代関野 貞

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android