コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央ロシア台地 ちゅうおうロシアだいちSrednerusskaya vozvyshennost’

2件 の用語解説(中央ロシア台地の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうおうロシアだいち【中央ロシア台地 Srednerusskaya vozvyshennost’】

ロシア連邦西部,ロシア平原中央部に高まる台地。北はオカ川,南はドネツ丘陵で境される。モスクワの南方からはじまり,南へ約1000km,東西幅500kmの広さをもつ。最高点はトゥーラ南方の293m峰であるが,この台地の標高は220~250m程度で,かなり平たんである。雨谷(ガリー)がかなり発達し,通常は涸谷(かれだに)となっているが,大雨のときには土壌浸食が発生する。地層は石灰岩チョーク,泥灰岩などのほぼ水平に近い堆積層の上を,砂,礫(れき),粘土など後退するときに残した氷河の堆積物がおおっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央ロシア台地
ちゅうおうろしあだいち
Среднерусская Возвышенность Srednerusskaya Vozvshennost' 

ロシア連邦西部の台地。モスクワ市の西方から南方にかけて展開し、南北約1000キロ、東西約500キロメートル。北部をバルダイ丘陵、南部をドネツ丘陵に限られる。最高点は標高293メートルであるが、大部分は220~250メートル。先カンブリア紀の結晶質岩石の上に古生代以降の地層が堆積(たいせき)している。北部にはドニエプル氷期の堆積丘が、南部には黄土がみられる。台地はドニエプル川、ボルガ川、ドン川などの河川によって刻まれ、深い谷が形成されている。石炭、鉄、燐(りん)鉱など鉱物資源が豊富。土壌はチェルノゼム(黒色土)で、古くから農耕が行われており、台地面の70~80%が農地として利用されている。ほかは広葉樹林・混交林、森林ステップ、ステップ(短草草原)などとなっている。[須長博明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone