コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島久万吉 なかじま くまきち

2件 の用語解説(中島久万吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島久万吉 なかじま-くまきち

1873-1960 明治-昭和時代の実業家,政治家。
明治6年7月24日生まれ。中島信行の長男。明治39年古河鉱業にはいる。横浜電線製造(現古河電気工業),横浜護謨(ゴム)製造(現横浜ゴム)の設立に尽力し社長。また日本工業倶楽部(クラブ)設立にかかわる。昭和7年斎藤内閣商工相となるが,足利尊氏賛美論を攻撃され辞任。貴族院議員。戦後は日本貿易会会長。昭和35年4月25日死去。86歳。神奈川県出身。高等商業(現一橋大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中島久万吉
なかじまくまきち
(1873―1960)

実業家、政治家。高知県出身。男爵中島信行(のぶゆき)の長男。東京高等商業学校(一橋大学の前身)卒業。東京株式取引所所員、総理大臣秘書官などを経て、貴族院議員となる。1906年(明治39)古河財閥に入り、3代目当主虎之助の補佐役を務めるかたわら、横浜護謨(ゴム)、古河電工などの社長を歴任した。1916年(大正5)日本工業倶楽部(くらぶ)創立とともに専務理事となり、昭和初年の産業合理化運動に尽力した。1932年(昭和7)斎藤実(まこと)内閣の商工大臣に就任し、日本製鉄設立を実現させたが、帝人事件に連座し、政界から引退した。第二次世界大戦後は日本貿易会を設立し、会長となった。[宇田川勝]
『中島久萬吉著『政界財界五十年』(1951・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中島久万吉の言及

【帝人事件】より

…その後,帝人が好調に業績をあげたので,同株を入手しようという動きが活発となり,33年5月財界グループ番町会の河合良成らが10万株を入手した。これに対し34年1月武藤山治(元鐘紡社長)経営の《時事新報》が〈番町会を暴く〉を連載して番町会の帝人乗っ取りで,中島久万吉商工相らも関与した不正があると攻撃,3月武藤の暗殺で疑惑が拡大した。東京地裁への告発を機に,4月関係者が拘引され,5月次官黒田英雄ら大蔵省幹部の逮捕に発展し,さらに中島,三土(みつち)忠造鉄道相にも取調べが及ぶ形勢に,7月3日斎藤内閣は総辞職した。…

【中島信行】より

…92年よりイタリア公使,貴族院議員を歴任し,男爵となる。大正・昭和期の実業家,政治家中島久万吉(くまきち)は長男。【大日方 純夫】。…

※「中島久万吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中島久万吉の関連キーワード安宅弥吉安部和助生田和平種田健蔵近藤寿市郎高瀬梅吉西田周吉坂内義雄前原悠一郎森本仁平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone