コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川根[町] なかかわね

2件 の用語解説(中川根[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

中川根[町]【なかかわね】

静岡県榛原(はいばら)郡,大井川中流域と周辺山地を占める旧町。良質な川根茶の産地で,林業も盛ん。スギ,ヒノキなど木材を産する。大井川鉄道が通じる。2005年9月,榛原郡本川根町と合併し町制,榛原郡川根本町となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかかわね【中川根[町]】

静岡県中部,榛原(はいばら)郡の町。人口6857(1995)。中央部を大井川が南流し,川沿いに集落が立地し,大井川鉄道と国道362号線が通じる。中心集落は上長尾。町域の大部分は赤石山脈南部の山地で,9割が山林である。古くから川根茶と呼ばれる良茶の産地として知られる。林業も盛んで杉,ヒノキの良材とシイタケを産する。近年,自動車計器組立工場やサンダル製造工場も進出。北西部の山地にはモミ,ツガ,ブナなどの原生林が残り,奥大井県立自然公園の一角を占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中川根[町]の関連キーワード榛原井原茨城島田花茨焼津牧之原ばら河守宗兵衛星野鉄太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone