コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川運河 なかがわうんが

3件 の用語解説(中川運河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中川運河
なかがわうんが

名古屋市中央部をほぼ南北に走る運河。幅 36~90m,延長 7.1km。 1926年着工,30年に完成。笹島貨物駅付近から名古屋港にいたる。市の中心部と港を結ぶため利用度が高く,沿岸には工場,倉庫が密集している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかがわうんが【中川運河】

名古屋市中川区,港区の東部を南北に走る運河で,名古屋港と名古屋笹島貨物駅を結ぶ。明治中期に,西区名塚に源を発し,押切,則武,牧野,露橋などの町を南流する旧中川(笈瀬(おいせ)川)の悪水排除と水運発達を目的とする運河開削計画が企画された。これに基づいて1926年に起工され,32年に完成した。総延長8200m,幅員36~91m,水深1.2~3m。潮位に関係なく一定の水深を保つ閘門(こうもん)式水路になっており,堀川に通ずる松重閘門は市の文化財に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中川運河
なかがわうんが

愛知県名古屋市中南部、名古屋港と名古屋駅を結ぶ市内最大の運河。延長10.3キロメートル、幅36~91メートル、水深1~3メートル、旧中川を閘門(こうもん)式運河として開削した。1926年(大正15)着工、1930年(昭和5)10月に完成、工費は1886万円であった。閘門は中川口、松重(まつしげ)の2か所、船溜(だま)りは堀止、中川口、松重の3か所に設けられた。運河沿いには木材工場をはじめ金属、機械などの中小工場や倉庫がつくられ帯状に並んでいる。
 旧中川は、中流を笈瀬(おいせ)川、熱田新田(あつたしんでん)東組から河口までを中川といった。笈瀬川は、悪水排水路に使われ、笈瀬川悪水井組、笈瀬川新堀割井組があった。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中川運河の関連キーワード愛知県名古屋市中川区荒子愛知県名古屋市中川区江松愛知県名古屋市中川区大地愛知県名古屋市中川区戸田愛知県名古屋市中川区富永愛知県名古屋市中川区野田愛知県名古屋市中川区法華愛知県名古屋市中川区万場愛知県名古屋市中川区八熊愛知県名古屋市中川区横井

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中川運河の関連情報