コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中心静脈栄養 チュウシンジョウミャクエイヨウ

3件 の用語解説(中心静脈栄養の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅうしんじょうみゃく‐えいよう〔チユウシンジヤウミヤクエイヤウ〕【中心静脈栄養】

鎖骨下などからカテーテルを入れ、右心房近くの大静脈のところで栄養液を補給する方法。高カロリー輸液TPNtotal parenteral nutrition)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうしんじょうみゃくえいよう【中心静脈栄養 hyperalimentation】

生体に栄養を補給する経路には,(1)口から飲食する,(2)胃または小腸に人工的に作った瘻孔(ろうこう)(胃瘻または腸瘻)に体外から管を挿入し,この管から栄養液を注入する,(3)血管内に挿入した管から栄養液を注入する,(4)肛門から栄養液を浣腸し,直腸で吸収させる,などの方法がある。中心静脈栄養はこの(3)に属するもので,末梢の静脈から心臓に近い静脈(中心静脈上大静脈下大静脈の心臓に近い部分)まで長い管を挿入し,栄養液を無菌的に注入する方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の中心静脈栄養の言及

【輸液】より

…また,消化器系の手術後などのように,経口摂取が数日阻害されるような場合にも,まず必要な水分,電解質を補う必要がある。さらに,消化器疾患などで腸からの栄養吸収が望めないときや,治療のために腸からの吸収を止めたいときなどには,必要とする全カロリーを補うために,中心静脈栄養が行われる。なお,輸液のうちで注入する液体が血液である場合は輸血と呼ぶ。…

※「中心静脈栄養」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中心静脈栄養の関連情報