コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中抜き/中貫き ナカヌキ

デジタル大辞泉の解説

なか‐ぬき【中抜き/中貫き】

中を抜きとること。内部をくりぬくこと。また、そのもの。
商品の流通経路で、卸売など中間業者を抜かして生産者と小売業または消費者が直接に取引すること。「産直という名の―に問屋は打撃」
野菜や草花を一度間引いたあとで更にもう一度間引くこと。またそのもの。
中抜き草履」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかぬき【中抜き】

( 名 ) スル
中の物を抜き取ること。
中間を省略すること。
製造業者と需要者の中間に存在する問屋や小売業などの流通経路を省くこと。 〔電子商取引によりその規模や取引き形態が拡大している〕
「中抜き草履ぞうり」の略。 「 -の細緒をはき/浮世草子・一代男 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中抜き/中貫きの関連キーワードディスインターミディエーション浮世草子流通経路特殊撮影消費者小売業桂離宮生産者打撃卸売産直草花問屋

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android