コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中抜き/中貫き ナカヌキ

3件 の用語解説(中抜き/中貫きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なか‐ぬき【中抜き/中貫き】

中を抜きとること。内部をくりぬくこと。また、そのもの。
商品の流通経路で、卸売など中間業者を抜かして生産者と小売業または消費者が直接に取引すること。「産直という名の―に問屋は打撃」
野菜や草花を一度間引いたあとで更にもう一度間引くこと。またそのもの。
中抜き草履」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なかぬき【中抜き】

( 名 ) スル
中の物を抜き取ること。
中間を省略すること。
製造業者と需要者の中間に存在する問屋や小売業などの流通経路を省くこと。 〔電子商取引によりその規模や取引き形態が拡大している〕
「中抜き草履ぞうり」の略。 「 -の細緒をはき/浮世草子・一代男 7

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone