コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村喜代三郎(初代) なかむら きよさぶろう

2件 の用語解説(中村喜代三郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村喜代三郎(初代) なかむら-きよさぶろう

1721-1777 江戸時代中期の歌舞伎役者。
享保(きょうほう)6年生まれ。初代中村新五郎の門弟。享保(きょうほう)19年喜代三郎を喜世三郎にあらため,20年喜代三郎にもどした。延享元年京都都(みやこ)万太夫座の座本となる。江戸,京坂で活躍し,若女方を得意とした。安永6年6月18日死去。57歳。俳名は文次,花暁。屋号は伊勢屋(いせや)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村喜代三郎(初代)

没年:安永6.6.18(1777.7.22)
生年:享保6(1721)
江戸中期の歌舞伎役者。俳名文次,花暁。屋号伊勢屋。初代榊山小四郎の門人榊山与惣十郎の子。初代中村新五郎の門に入り,享保17(1732)年京都嵐小六座に色子として出勤している。同20年に若女形となった。延享1(1744)年から3年までは都万太夫座の座本を勤めている。寛延2(1749)年江戸に下って好評を得て,以後京都,大坂,江戸の三都で活躍した。美しい容姿で女性に人気があったが,物言いがすっきりせず落ち着きに欠けたという。傾城,女侠が得意,また愁い事をよくした。喜代三郎の名跡は,明治期まで4代続き,いずれも若女形を勤めた。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1・2期,『古今役者大全』(『日本庶民文化史料集成』6巻)

(加藤敦子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村喜代三郎(初代)の関連キーワード歌舞伎役者嵐音八(2代)嵐音八(3代)小佐川常世(2代)杉伝十郎仙国彦助(2代)袖崎伊勢野(2代)段助早川伝四郎坂東彦三郎(2代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone