コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村喜代三郎(初代) なかむら きよさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村喜代三郎(初代) なかむら-きよさぶろう

1721-1777 江戸時代中期の歌舞伎役者。
享保(きょうほう)6年生まれ。初代中村新五郎の門弟。享保(きょうほう)19年喜代三郎を喜世三郎にあらため,20年喜代三郎にもどした。延享元年京都都(みやこ)万太夫座の座本となる。江戸,京坂で活躍し,若女方を得意とした。安永6年6月18日死去。57歳。俳名は文次,花暁。屋号は伊勢屋(いせや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村喜代三郎(初代)

没年:安永6.6.18(1777.7.22)
生年:享保6(1721)
江戸中期の歌舞伎役者。俳名文次,花暁。屋号伊勢屋。初代榊山小四郎の門人榊山与惣十郎の子。初代中村新五郎の門に入り,享保17(1732)年京都嵐小六座に色子として出勤している。同20年に若女形となった。延享1(1744)年から3年までは都万太夫座の座本を勤めている。寛延2(1749)年江戸に下って好評を得て,以後京都,大坂,江戸の三都で活躍した。美しい容姿で女性に人気があったが,物言いがすっきりせず落ち着きに欠けたという。傾城,女侠が得意,また愁い事をよくした。喜代三郎の名跡は,明治期まで4代続き,いずれも若女形を勤めた。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1・2期,『古今役者大全』(『日本庶民文化史料集成』6巻)

(加藤敦子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

中村喜代三郎(初代)の関連キーワード中村四郎五郎(4代)中村四郎五郎(5代)中村四郎五郎(3代)中村喜代三郎(3代)中村喜代三郎(2代)石川豊信

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android