コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村重助(2代) なかむら じゅうすけ

2件 の用語解説(中村重助(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村重助(2代) なかむら-じゅうすけ

1749-1803 江戸時代中期-後期の歌舞伎作者。
寛延2年生まれ。初代中村重助の養子。明和5年江戸森田座で立作者(たてさくしゃ)となる。浮世絵師歌舞伎堂艶鏡(えんきょう)と同一人物といわれる。享和3年9月20日死去。55歳。江戸出身。俳名は故一,鶴子。作品に「夫婦酒替ぬ中仲(みょうとざけかわらぬなかなか)」など,随筆に「芝居乗合話」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村重助(2代)

没年:享和3.9.20(1803.11.4)
生年:寛延2(1749)
江戸中期の歌舞伎狂言作者。俳名故一,鶴子。狂名歌舞妓工。3代目中村七三郎の子ともいう。明和1(1764)年から作者としてその名がみえ,同5年立作者となる。以後,寛政6(1794)年まで江戸三座に勤め,「恵方曾我年々暦」「江戸花三升曾我」などを執筆したようだが,伝存する作品はほとんどない。彼の著書とされる『芝居乗合話』(1800)は,芝居の故実や年中行事をまとめたもので,当時の興行の様子をうかがうことができる好史料である。なお,寛政8年に写楽風の役者大首絵を発表した浮世絵師歌舞妓堂艶鏡と同一人物だともいわれている。<参考文献>『役者全書』(『日本庶民文化史料集成』6巻)

(加藤敦子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村重助(2代)の関連キーワード狂言作者富永平兵衛奈河亀輔書替狂言歌舞伎狂言桜田治助並木正三離れ狂言瀬川如皐(初代)津打治兵衛(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone