コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中皇命 なかつすめらみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中皇命 なかつすめらみこと

?-? 飛鳥(あすか)時代の歌人。
「万葉集」に長歌1首と短歌4首がおさめられている。中皇命は皇女の身分をあらわす呼称とも,「中立ち」を意味するともいわれ,斉明(さいめい)天皇(594-661)説と間人皇女(はしひとのひめみこ)(?-665)説とが有力である。
【格言など】たまきはる宇智の大野に馬並(な)めて朝踏ますらむその草深野(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なかつすめらみこと【中皇命】

古代の皇后あるいは女帝を指す語。仲天皇とも書く。用例は少なく,用いられた時期も限られ,それぞれが誰を指すか,またその語義は何かにつきまだ定説はない。しかし7~8世紀に相次いだ女帝の意義を知るために重要な語である。用例と諸説は以下のとおりである。《万葉集》巻一(10~12番)詞書の中皇命は斉明女帝もしくは間人(はしひと)皇后(孝徳天皇妻),《大安寺縁起》の仲天皇は倭姫皇后(天智天皇妻)あるいは間人皇后,また宣命(神護景雲3年(769)10月)の例は元明あるいは元正女帝とみなされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中皇命
なかつすめらみこと

『万葉集』の歌人。名義は未詳。身分的呼称とも、「仲立ち」を意味するともいわれる。だれのことをさすのかという点で、斉明(さいめい)天皇説と間人皇女(はしひとのひめみこ)(斉明天皇の皇女で孝徳(こうとく)天皇の皇后)説とが有力だが、定説をみない。ただ、『万葉集』の題詞の書き方などからいえば天皇として待遇されていないことは確かなので、間人皇女とみるのが穏当か。『万葉集』には長歌一首、短歌四首を残す。作品は舒明(じょめい)朝と斉明朝の作として配列され(巻1、3~4歌、10~12歌)、初期万葉の代表的な歌人の1人。「たまきはる宇智(うち)の大野に馬並(な)めて朝踏ますらむその草深野(くさふかの)」(巻1、4歌)など、短歌には、みずみずしい清爽(せいそう)な叙情が認められる。歌謡のなかから個性の芽生えてくる時代を体現する歌人といえる。[神野志隆光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中皇命の関連キーワード間人皇女皇極天皇

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android