コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中部幾次郎 なかべいくじろう

百科事典マイペディアの解説

中部幾次郎【なかべいくじろう】

漁業家。1880年兵庫県明石で海産物商の林兼商店を営み,1905年日本最初の石油発動機付鮮魚運搬船を建造,朝鮮近海に活躍し大をなした。1916年漁船発動機を製造する会社を設立するとともに漁業に進出,以来,近代的漁法を採り入れ底引や捕鯨・北洋漁業などを営み,1936年日本初の国際捕鯨母船をつくり,船団で南氷洋捕鯨を展開。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中部幾次郎 なかべ-いくじろう

1866-1946 明治-昭和時代の実業家。
慶応2年1月4日生まれ。家業の鮮魚の買い付け・運送業をつぎ,大正13年林兼(はやしかね)商店(現マルハ)を創立。関連事業の多角化をはかり,大洋捕鯨,西大洋漁業統制などを設立した。貴族院議員。昭和21年5月19日死去。81歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中部幾次郎

没年:昭和21.5.19(1946)
生年:慶応2.1.4(1866.2.18)
明治から昭和期の水産業関連企業の経営者。大洋漁業の創設者。明石城下東魚町に生まれる。家業の鮮魚運送業を引き継ぎ,明治30(1897)年,運搬船を蒸気船で曳航する方式を採用して能率を向上させ,次いで39年には鮮魚運搬船を初めて動力化,鮮魚の買い付け範囲を朝鮮にも拡大した。43年以降,事業を漁業生産部門にまで拡大し,大正14(1925)年に林兼商店(大洋漁業の前身)を設立。大正昭和期を通じて,下関を根拠地とした機船底曳網漁業中心の内地漁業,朝鮮・沿海州沖の外地漁業,カニ・鮭鱒を中心とした北洋漁業,南氷洋捕鯨業などに進出した。並行して鉄工,倉庫,加工なども経営。1930年代には日魯漁業,日本水産との競争に後れをとって北洋漁業から撤退したが,戦後は大洋漁業株式会社へ改組。財閥解体の対象となった日本水産,北洋漁場を失った日魯漁業を抑えて水産業界の首位に立った。昭和21(1946)年3月,貴族院議員に勅選されたが,程なく80歳で死去。<参考文献>大仏次郎『中部幾次郎』,『大洋漁業80年史』

(加瀬和俊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の中部幾次郎の言及

【マルハ[株]】より

…日本最大の水産会社。中部(なかべ)幾次郎が1880年に兵庫県明石に設立した鮮魚仲買運搬業の林兼商店がその前身。1905年には日本初の石油発動機付鮮魚運搬船〈新生丸〉(12トン,速力6ノット)を建造し,国内のみならず朝鮮からも鮮魚を運搬した。…

※「中部幾次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中部幾次郎の関連キーワードマルハニチロホールディングスマルハ[株]中部 謙吉昭和時代中部謙吉実業家