コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸岡明 まるおか あきら

3件 の用語解説(丸岡明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸岡明 まるおか-あきら

1907-1968 昭和時代の小説家。
明治40年6月29日生まれ。丸岡桂(かつら)の長男。昭和5年「三田文学」に「マダムマルタンの涙」を発表。戦後「三田文学」復刊につくす。能楽の普及と外国への紹介にもつとめた。昭和43年8月24日死去。61歳。東京出身。慶大卒。著作に「生きものの記録」,「静かな影絵」(41年芸術選奨)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

まるおかあきら【丸岡明】

1907~1968) 小説家。東京生まれ。プルースト風の心理主義作家として登場。同窓の原民喜の死を扱った「贋きりすと」で話題になる。短編集「静かな影絵」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸岡明
まるおかあきら
(1907―1968)

小説家。東京に生まれる。慶応義塾大学仏文科卒業。1930年(昭和5)水上(みなかみ)滝太郎の推薦で『三田(みた)文学』に処女作『マダム・マルタンの涙』を発表、好評を得る。35年最初の長編『生きものの記録』を発表、心理主義的手法で、当時のブルジョアジーの内面の退廃を描いた。戦後は『三田文学』の編集に携わる。53年(昭和28)ごろから、能に関するエッセイや解説書などをしきりに書く。ほかに『コンスタンチア物語』(1949)、原民喜(たみき)をモデルにした『贋(にせ)きりすと』(1951)、芸術選奨文部大臣賞を受けた『静かな影絵』(1965)などがある。作品は身辺に取材したものが多く、都会的な細やかな感性を描いている点に特色がある。[中石 孝]
『『丸岡明小説全集』全三巻(1969・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸岡明の関連キーワード桜田常久橘外男北町一郎白川渥陣出達朗高木卓寺崎浩野沢純横山美智子吉田十四雄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸岡明の関連情報