コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽保次郎 にわやすじろう

5件 の用語解説(丹羽保次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹羽保次郎
にわやすじろう

[生]1893.4.1. 三重
[没]1975.2.28. 東京
電気工学者。東京大学電気工学科卒業 (1916) 。日本電気に入り (23) ,小林正次の協力を得て NE式写真電送装置を発明した。 1928年に京都-東京間,36年にベルリン-東京間の写真電送に成功,37年「写真電送装置の研究」で帝国学士院恩賜賞,59年文化勲章を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽保次郎 にわ-やすじろう

1893-1975 大正-昭和時代の電気工学者。
明治26年4月1日生まれ。逓信省電気試験所の技師をへて,大正13年日本電気に入社。昭和3年NE式写真電送方式を発明し,天皇即位式の写真電送に成功。24年東京電機大初代学長。電気通信学会会長などをつとめた。12年学士院恩賜賞,34年文化勲章。昭和50年2月28日死去。81歳。三重県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

にわやすじろう【丹羽保次郎】

1893‐1975(明治26‐昭和50)
電気工学者。NE式写真電送の成功により知られている。三重県松阪市の生れ。東京帝国大学電気工学科を卒業後,逓信省電気試験所に勤め,磁性体の研究に従事,NS透磁率計を発明した。関東大震災で技術者多数を失った日本電気に,丹羽は1924年技術部長として迎えられ,のち同社専務取締役を務めた。日本電気では電気通信の研究を行い,28年に小林正次らを指揮して東京~大阪間のNE式写真電送の実験を行い成功した。同年に京都で挙行された天皇の即位式を東京に電送したが,このときNE式電送は,ドイツフランスから技師を招いて輸入した電送よりもよい成績をあげたので,国産技術の勝利としてもてはやされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にわやすじろう【丹羽保次郎】

1893~1975) 電気工学者。三重県生まれ。 NE 式写真電送法を発明。天皇即位式やベルリン-オリンピック大会の電送に成功し、国際水準の自主技術として高く評価された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹羽保次郎
にわやすじろう
(1893―1975)

電気工学者。三重県生まれ。1916年(大正5)東京帝国大学工科大学(現在の東京大学工学部)電気工学科卒業。逓信(ていしん)省電気試験所を経て1924年、日本電気(NEC)の技術部長となる。1926年「誘導係数の研究」で学位を取得。欧米に出張して写真電送技術の意義を学び、帰国後、技術開発に取り組み、1928年(昭和3)NE方式を完成。ドイツ、フランスの技術をしのぎ、天皇の即位式の写真を京都から東京へ253枚電送し、世界の注目を集めた。ついで無線写真電送へと進み、研究を指導。1937年帝国学士院恩賜賞受賞。1947年(昭和22)日本電気を退職、1949年東京電機大学初代学長。電気学会、日本電波協会各会長などを歴任。1959年文化勲章を受章。[井原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丹羽保次郎の言及

【ファクシミリ】より

…S.F.B.モースの電信機の発明に遅れること5年,A.G.ベルの電話機の発明に先立つこと33年である。日本では1928年に丹羽保次郎,小林正次らにより,外国とは独自のNE式写真電送装置が開発され,昭和天皇御大典の写真が京都から東京まで電送されたのがファクシミリの始まりとなっている。ファクシミリは当初,新聞ニュース写真の電送,警察・国鉄(現JR)などの指令通信,NTTの電報集配信業務,気象図の電送などの特定分野で使用されていた。…

※「丹羽保次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丹羽保次郎の関連キーワード電気工学電送写真電送写真電報電工模写電送小林正次福田節雄プラズマ電気工学ペリー,J.(電気工学)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone