コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久喜[市] くき

百科事典マイペディアの解説

久喜[市]【くき】

埼玉県北東部,古利根川西岸の沖積低地を占める市。1971年市制。中心市街は近世以来市場町として発達。東北本線東武伊勢崎線が通じ,東北自動車道久喜インターチェンジがあり,圏央道が分岐する。県北東部の交通・行政の中心都市で,県立園芸研究所など多くの公共施設が集まり,1993年には東京理科大学が開校した。米,ナシを多産する農業地域であったが,宅地化が進み,久喜菖蒲工業団地の造成により人口が急増した。2010年3月南埼玉郡菖蒲町,北葛飾郡栗橋町,鷲宮町と合併。東日本大震災で,市内において被害が発生。82.41km2。15万4310人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くき【久喜[市]】

埼玉県東部の市。1954年久喜町と太田,江面(えづら),清久(きよく)の3村が合体,71年市制。人口7万2630(1995)。加須(かぞ)低地の南東部にあり,古利根川の自然堤防と後背湿地および埋没ローム層台地からなる。16世紀初め古河公方(こがくぼう)足利政氏が隠居した所で,その館跡に建てられたのが臨済宗名刹(めいさつ)甘棠(かんとう)院である。江戸時代は市場町で,3・8の日の市には白木綿や穀物の取引が盛んであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android