コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久喜[市] くき

百科事典マイペディアの解説

久喜[市]【くき】

埼玉県北東部,古利根川西岸の沖積低地を占める市。1971年市制。中心市街は近世以来市場町として発達。東北本線東武伊勢崎線が通じ,東北自動車道久喜インターチェンジがあり,圏央道が分岐する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くき【久喜[市]】

埼玉県東部の市。1954年久喜町と太田,江面(えづら),清久(きよく)の3村が合体,71年市制。人口7万2630(1995)。加須(かぞ)低地の南東部にあり,古利根川の自然堤防と後背湿地および埋没ローム層台地からなる。16世紀初め古河公方(こがくぼう)足利政氏が隠居した所で,その館跡に建てられたのが臨済宗名刹(めいさつ)甘棠(かんとう)院である。江戸時代は市場町で,3・8の日の市には白木綿や穀物の取引が盛んであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android