コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙竹岩造 おとたけいわぞう

4件 の用語解説(乙竹岩造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乙竹岩造
おとたけいわぞう

[生]1875. 伊賀上野
[没]1953. 東京
教育学者,教育史学者。東京高等師範学校卒業,1904~07年ドイツフランスイギリスアメリカに留学,帰国後母校の教授,29年東京文理大学の創設とともに同教授。初期の研究は『低能児教育法』 (1908) ,『穎才教育』 (12) など特殊教育の分野であったが,のち教授法の検討に進み,『新教授』 (09) ,『現代教育教授思潮』 (14) などの著作がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乙竹岩造 おとたけ-いわぞう

1875-1953 明治-昭和時代の教育学者。
明治8年9月29日生まれ。母校東京高師の教授をへて,昭和4年東京文理大教授となり,欧米の教育学の紹介・研究にあたった。大正初年から日本教育史の研究をつづけ,寺子屋体験者の調査をもとに「日本庶民教育史」を完成させた。昭和28年6月17日死去。77歳。三重県出身。著作に「実験教育学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おとたけいわぞう【乙竹岩造】

1875‐1953(明治8‐昭和28)
教育学・日本教育史学者,寺子屋の研究家として著名。三重県出身。東京高等師範学校卒業。1904‐07年,ドイツ,フランス,イギリス,アメリカに留学。帰国後母校の教授となり,29年東京文理科大学教授,翌年文学博士となった。明治期から大正期にかけては,実験教育学,文化教育学など当時の欧米諸国の教育思潮の批評・紹介を行う。その後,近世日本の庶民教育史の研究に着手し,1912年から18年間にわたって収集した寺子屋関係資料に基づく《日本庶民教育史》3巻(1929)を完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乙竹岩造
おとたけいわぞう
(1875―1952)

教育家。三重県に生まれる。1899年(明治32)東京高等師範学校を卒業、ただちに高師助教兼訓導となる。この時期、平出鏗二郎(こうじろう)(1869―1911)、吉田熊次らと小学校修身書を起草、あるいは芳賀矢一(はがやいち)らと修身、国語の国定教科書を編纂(へんさん)する。また『小学校教授訓練提要』を公刊。1903年(明治36)高師教授に就任。同年海外に出張し、ベルリン、イエナ、ライプツィヒ、パリ、ケンブリッジの各大学で学ぶ。帰国後、一時文部省視学官を兼任したが、1908年高師専任。『実験教育学』『新教授法』などを書き、大正年間にはケルシェンシュタイナー、文化教育学を研究。最大の業績は1929年(昭和4)の『日本庶民教育史』3巻である。[本山幸彦]
『小原國芳編『日本新教育百年史 総説(思想・人物)』(1970・玉川大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乙竹岩造の関連キーワード海後宗臣梅根悟高橋俊乗アジア教育史学会教育史学会日本英語教育史学会海老原治善寺崎昌男仲新長尾十三二

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone