コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙竹岩造 おとたけいわぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乙竹岩造
おとたけいわぞう

[生]1875. 伊賀上野
[没]1953. 東京
教育学者,教育史学者。東京高等師範学校卒業,1904~07年ドイツ,フランス,イギリス,アメリカに留学,帰国後母校の教授,29年東京文理大学の創設とともに同教授。初期の研究は『低能児教育法』 (1908) ,『穎才教育』 (12) など特殊教育の分野であったが,のち教授法の検討に進み,『新教授』 (09) ,『現代教育教授思潮』 (14) などの著作がある。また,20年近い歳月をかけて収集した寺子屋関係資料に基づく『日本庶民教育史』 (3巻,29) はこの分野の先駆的業績として高く評価されている。ほかに『日本教育史の研究』 (2輯,36~39) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乙竹岩造 おとたけ-いわぞう

1875-1953 明治-昭和時代の教育学者。
明治8年9月29日生まれ。母校東京高師の教授をへて,昭和4年東京文理大教授となり,欧米の教育学の紹介・研究にあたった。大正初年から日本教育史の研究をつづけ,寺子屋体験者の調査をもとに「日本庶民教育史」を完成させた。昭和28年6月17日死去。77歳。三重県出身。著作に「実験教育学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おとたけいわぞう【乙竹岩造】

1875‐1953(明治8‐昭和28)
教育学・日本教育史学者,寺子屋の研究家として著名。三重県出身。東京高等師範学校卒業。1904‐07年,ドイツ,フランス,イギリス,アメリカに留学。帰国後母校の教授となり,29年東京文理科大学教授,翌年文学博士となった。明治期から大正期にかけては,実験教育学,文化教育学など当時の欧米諸国の教育思潮の批評・紹介を行う。その後,近世日本の庶民教育史の研究に着手し,1912年から18年間にわたって収集した寺子屋関係資料に基づく《日本庶民教育史》3巻(1929)を完成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乙竹岩造
おとたけいわぞう
(1875―1952)

教育家。三重県に生まれる。1899年(明治32)東京高等師範学校を卒業、ただちに高師助教兼訓導となる。この時期、平出鏗二郎(こうじろう)(1869―1911)、吉田熊次らと小学校修身書を起草、あるいは芳賀矢一(はがやいち)らと修身、国語の国定教科書を編纂(へんさん)する。また『小学校教授訓練提要』を公刊。1903年(明治36)高師教授に就任。同年海外に出張し、ベルリン、イエナ、ライプツィヒ、パリ、ケンブリッジの各大学で学ぶ。帰国後、一時文部省視学官を兼任したが、1908年高師専任。『実験教育学』『新教授法』などを書き、大正年間にはケルシェンシュタイナー、文化教育学を研究。最大の業績は1929年(昭和4)の『日本庶民教育史』3巻である。[本山幸彦]
『小原國芳編『日本新教育百年史 総説(思想・人物)』(1970・玉川大学出版部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

乙竹岩造の関連キーワード御木本幸吉昭和時代津藩藩学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android