コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田熊次 よしだくまじ

4件 の用語解説(吉田熊次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田熊次
よしだくまじ

[生]1874. 山形
[没]1964. 東京
教育学者。 1900年東京帝国大学文科大学哲学科卒業。大学院で倫理学,教育学を研鑽。 04年女子高等師範学校東京師範学校教授となり,ドイツフランスに留学。帰国後,東京大学助教授を兼任,16年東京大学教授となり,教育学講座を担当,多くの教育学者を育てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田熊次 よしだ-くまじ

1874-1964 明治-昭和時代の教育学者。
明治7年2月27日生まれ。東京女高師・東京高師教授をへて,大正5年東京帝大教授。社会的教育学をとなえ,ドイツ実験教育学を紹介して実証的教育学への道をひらいた。昭和39年7月15日死去。90歳。山形県出身。東京帝大卒。著作に「系統的教育学」「社会的教育学講義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだくまじ【吉田熊次】

1874‐1964(明治7‐昭和39)
教育学者。山形県生れ。1900年東京帝国大学哲学科卒業,翌年最初の国定修身教科書の編集に参加する。04年東京女子高等師範学校および東京高等師範学校教授,同年から07年までドイツとフランスに留学,16年に東京帝国大学文学部教育学科教授,34年の退官まで教育学者の養成にあたる。17年に臨時教育会議幹事,24年に文政審議会幹事,34年には思想問題対策のために設立された国民精神文化研究所の研究部長となる。明治後期に支配的であったヘルバルト学派個人主義的な教育学に対して社会的人物の育成を目的とする社会的教育学を提唱,さらにドイツのE.モイマン(1862‐1915)の実験教育学を紹介して日本における実証的教育研究の端緒を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田熊次
よしだくまじ
(1874―1964)

教育学者。明治7年2月27日山形県に生まれる。1900年(明治33)東京帝国大学文科大学を卒業。哲学館(後の東洋大学)、東京高等師範学校教授などを経て東京帝大文科大学助教授、教授(1916)。個人主義的教育を批判して社会的教育学を唱え、幅広い理論活動により日本の講壇教育学の発展を支えた。1901年以後小学校修身書の編集にかかわる。臨時教育会議、文政審議会幹事など文部省各種委員を務めた。昭和39年7月15日没。[尾崎ムゲン]
『吉田熊次著『社会的教育学講義』(1982・有明書房) ▽『吉田熊次著作集』(2007・学術出版会、日本図書センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田熊次の関連キーワード大瀬甚太郎モイマン山形県山形市緑町五十嵐顕石三次郎上村福幸熊沢竜佐藤保太郎古木弘造細谷俊夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone