コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九族 キュウゾク

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ぞく〔キウ‐〕【九族】

自分を中心に、先祖・子孫の各4代を含めた9代の親族。高祖父母・曽(そう)祖父母・祖父母・父母・自分・子・孫・曽孫玄孫一説に、父方の四、母方の三、妻方の二の九つの親族をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうぞく【九族】

自分を中心として先祖・子孫の各四代にわたる親族。高祖父・曽祖父・祖父・父・自分・子・孫・曽孫・玄孫の九代。一説に、父方の親族四、母方の親族三、妻方の親族二を合わせた称という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九族
きゅうぞく

九つの親族。数説があって一定しないが、一般には、『書経』「堯典(ぎょうてん)」に、「克(よ)く俊徳を明らかにして、以(もっ)て九族を親しむ」とあり、「蔡(さい)伝」に、「九族は高祖より玄孫に至るの親」とあるように、同姓直系の者だけを数え、高祖、曽祖(そうそ)、祖父、父、自分、子、孫、曽孫、玄孫の9代をいう。しかし、傍系をも含んで一族に近い意味に用いられることもあり、異姓を含み数えて、父族4、母族3、妻族2の総称とすることもある。仏教で出家の功徳(くどく)を説いた諺(ことわざ)「一人(一子とも)出家すれば九族天に生まる」で知られ、川柳(せんりゅう)にも「坊主落九族天を追ひ出され」といううがった句がある。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

九族の関連キーワード俗・属・屬・族・粟・続・續・賊槐門棘路高祖父曽祖父名数棘路

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九族の関連情報