コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾字金 ケンジキン

デジタル大辞泉の解説

けんじ‐きん【乾字金】

《「乾」の字の極印があるところから》江戸幕府が、宝永7年(1710)から鋳造した小判金一分判金の総称。良質であったが重量は半減。乾金。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんじきん【乾字金】

乾字一分判金・乾字小判金の総称。江戸幕府が1710年(宝永7)より鋳造した「乾」字の極印がある良質の金貨。乾金。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報