コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事後法の禁止 じごほうのきんし

3件 の用語解説(事後法の禁止の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事後法の禁止
じごほうのきんし

実行のときに適法であった行為について,のちに制定された法律,すなわち事後法 ex post facto lawによってさかのぼって処罰することはできないという原則で,刑罰法の不遡及または遡及処罰の禁止とも呼ばれ,日本国憲法に明記されている (39条) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じごほうのきんし【事後法の禁止】

行為後に施行された刑罰法規に遡及効を認めて施行前の行為を処罰することは許されない,という遡及処罰禁止の原則をいう。これは,国民に自己の行為が処罰されるか否かについての予測可能性を与え,行動の自由を担保するという自由主義の要請に基づくもので,罪刑法定主義の重要な内容をなすものである。日本国憲法39条は,〈何人も,実行の時に適法であった行為……については,刑事上の責任を問はれない〉として,事後法の禁止を憲法上の原則として承認している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

事後法の禁止
じごほうのきんし

新たに制定された法律(事後法)は、その制定以前にさかのぼって適用してはならない、という原則。法律不遡及(そきゅう)の原則ともいう。ただ、この原則の趣旨は、事後法により関係者に不利益や不平等を生じる場合に妥当し、これを形式的に理解してはならない。この原則は、とくに刑事法の領域において罪刑法定主義の派生的原理として重要な意義をもつ。これを受けて、憲法第39条は、「何人(なんぴと)も、実行の時に適法であつた行為……については、刑事上の責任を問はれない」と規定している。ただ、この原則の適用にあたって、従来、(1)実体的な刑罰法規に限られ刑事手続法や行刑法(犯罪者処遇法)の領域には及ばない、(2)判例の不利益変更、すなわち、裁判所が判例を被告人の不利益に変更する場合には及ばない、とされてきた。
 これに対して、実質的に、犯罪の成否や刑の量定にとって被告人に不利益をもたらす法令や判例の変更についても、事後法の禁止の趣旨を考慮すべきである、という考え方が主張されている(とくに、(2)については、アメリカの判例で確立している)。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事後法の禁止の関連キーワード構成要件私刑白地刑法正当業務行為遡及効・溯及効法条競合遡及効不遡及刑罰法令白地刑罰法規

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone