コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二都物語 にとものがたりA Tale of Two Cities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二都物語
にとものがたり
A Tale of Two Cities

イギリスの小説家 C.ディケンズの小説。 1859年刊。大革命期のパリとロンドンを舞台としたディケンズとしては異色の歴史小説。愛する女性の夫の身代りとなって断頭台に登るシドニー・カートンの自己犠牲を描く。パリの情景の描写には T.カーライルの『フランス革命史』が参考にされた。 90年 F.ウィルズによって劇化。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にとものがたり【二都物語】

《原題A Tale of Two Citiesディケンズ長編小説。1859年刊。フランス革命のころのパリとロンドンを舞台に、四人の男女の複雑に変転する運命を描いた大作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にとものがたり【二都物語】

ディケンズの長編小説。1859年刊。フランス革命期のロンドンとパリを舞台に、敵どうしを親にもつフランスの貴族ダーネーと少女ルーシーの恋と、少女への愛のためダーネーの身代わりとなって断頭台にのぼる弁護士カートンの悲恋を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二都物語
にとものがたり
A Tale of Two Cities

イギリスの作家ディケンズの長編小説。1859年刊。カーライルの『フランス革命史』(1837)を読んで興味をかき立てられ、フランス革命を背景にして、二都、すなわちロンドンとパリを舞台に描いた歴史小説。医師マネットはあるフランス貴族の秘密を知ったため、18年間もバスチーユ牢獄(ろうごく)に入れられていたが、釈放後はロンドンに渡る。その娘ルーシーを愛するチャールズ・ダーニーは実はそのフランス貴族の甥(おい)だが、貴族制度を嫌ってイギリスにきていた。フランス革命が起こると、ダーニーは昔の忠僕を救いにフランスに戻り捕らえられて処刑されようとするが、ルーシーを愛するもう1人の青年シドニー・カートンは、ルーシーの嘆きをみて身代りに断頭台にのぼる。とくにはっきりした歴史観や政治的立場のもとに革命を描いたわけではなく、むしろ波瀾(はらん)に富んだプロットや、緊迫した二つの都市の情景に優れた点がある。[小池 滋]
『中野好夫訳『二都物語』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

二都物語の関連キーワードリチャード アディンセルロナルド コールマンアルフィー バス佐々木 直次郎アディンセルテューティン佐々木直次郎シンガポール岩﨑亜希子瀬奈じゅん寺元健一郎三木麻衣子外野村 晋松本 恵子コールマン嵐の三色旗ルーシー身代わりコリンズ桜乃彩音

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二都物語の関連情報