コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜寒帯多雨気候 あかんたいたうきこう subpolar rainy climate

2件 の用語解説(亜寒帯多雨気候の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あかんたいたうきこう【亜寒帯多雨気候 subpolar rainy climate】

亜寒帯とは温帯と寒帯の間に位置し,偏西風と周極風(極偏東風)の両者が出会うあたりを中心に,緯度にして大体50~70゜の範囲である。したがって,両風系間に寒帯前線(極前線)ができ,高緯度帯としては相対的に降雨の多い気候帯となっている。シベリア東部のように夏に雨が多く冬に乾燥するタイプ亜寒帯夏雨気候と異なり,年中ほぼ平均的に降雨がみられるが,温帯にくらべると少ない。冬の寒さは平均-3℃未満と厳しく,夏は短いが20℃を超えることもあり,作物生育が可能で,春小麦,ライ麦ジャガイモ,大豆,コーリャンなどの一年一作型農業が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜寒帯多雨気候
あかんたいたうきこう

亜寒帯の気候区分の一つ。年間を通じ平均して降水がある。冷帯多雨気候冷帯湿潤気候亜寒帯湿潤気候ともいう。亜寒帯気候を降水の季節配分から細区分すると、主として夏により多くの降水がある亜寒帯夏雨気候と、年降水量がそれよりやや多く、とくに冬の降雪量が多くなる亜寒帯多雨気候になる。亜寒帯多雨気候はシベリア西半部、東ヨーロッパスカンジナビアロシア連邦沿海州カムチャツカ半島北アメリカ大陸北部の五大湖地方からカナダの大部分、アラスカなどに分布している。日本では北海道東北地方の山岳部がこの気候区に属している。年降水量はシベリアで400ミリメートル前後、カナダやアラスカで500ミリメートル前後、東ヨーロッパや北欧、五大湖地方で500~1000ミリメートルである。小麦、ジャガイモがおもな作物であるが、かなりの部分が針葉樹林に覆われている。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜寒帯多雨気候の関連キーワード亜寒帯亜寒帯海流亜寒帯気候寒帯前線亜寒帯林寒帯林山地帯冷温帯五帯亜寒帯前線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone