コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交替使 コウタイシ

デジタル大辞泉の解説

こうたい‐し〔カウタイ‐〕【交替使】

律令制下、地方官の交替にあたって、前任者が任地で死亡したりして新任者と事務引き継ぎができない場合、新任者の申請によって交替事務を処理するために派遣された臨時の役人。検交替使。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうたいし【交替使】

検交替使ともいう。日本古代の律令国家が国司の交替に際して在地へ派遣する使者。その人的構成は,交替使1人と主典1人からなる。この制度の成立時期は不明であるが遅くとも825年(天長2)以前にさかのぼる。交替使は,前任の受領(ずりよう)が任地で死亡した場合に後任者の要請にもとづいて発遣される。通常国司交替にともなう事務引継ぎは前任者と後任者の間で行われ,その結果は解由(げゆ)状もしくは不与解由状によって太政官に上申するという手続を経るが,前任者死亡のため一方の当事者が存在しない場合には二つの交替方式が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android