コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亮貞 りょうてい

2件 の用語解説(亮貞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亮貞
りょうてい

[生]慶安1(1648).8? 伊勢
[没]享保4(1719).9.17. 京都
江戸時代中期の新義真言宗の僧。 11歳で仏道に入り,豊山の論議に列して隆光と並んで豊山の竜虎といわれた。元禄 16 (1703) 年豊山の能化職に着任し,同山の興隆に尽力。宝永4 (07) 年江戸の護国寺に転住し,大僧正となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亮貞 りょうてい

1648-1719 江戸時代前期-中期の僧。
慶安元年8月生まれ。真言宗。伊勢(いせ)(三重県)真常院の亮元,大和(奈良県)長谷(はせ)寺の頼意に師事。尾張(おわり)長久寺,江戸弥勒寺の住持をへて元禄(げんろく)16年(1703)長谷寺15世となる。宝永4年江戸護国寺にうつり,のち山城乙訓(おとくに)寺に退隠した。大僧正。享保(きょうほう)4年9月17日死去。72歳。伊勢出身。俗姓は松岡。字(あざな)は自春。号は温如。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

亮貞の関連キーワード相沢定常揚屋喜斎伊藤小太夫(初代)奥山清真久留島通政桑山貞代荘田恬逸出目満茂深尾省斎冥途小八

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone