亮貞(読み)りょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亮貞
りょうてい

[生]慶安1(1648).8? 伊勢
[没]享保4(1719).9.17. 京都
江戸時代中期の新義真言宗の僧。 11歳で仏道に入り,豊山の論議に列して隆光と並んで豊山の竜虎といわれた。元禄 16 (1703) 年豊山の能化職に着任し,同山の興隆に尽力。宝永4 (07) 年江戸の護国寺に転住し,大僧正となる。晩年は京都乙訓寺に退き没。主著『理趣経存公記』『自証説法私記』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亮貞 りょうてい

1648-1719 江戸時代前期-中期の僧。
慶安元年8月生まれ。真言宗。伊勢(いせ)(三重県)真常院の亮元,大和(奈良県)長谷(はせ)寺の頼意に師事。尾張(おわり)長久寺,江戸弥勒寺の住持をへて元禄(げんろく)16年(1703)長谷寺15世となる。宝永4年江戸護国寺にうつり,のち山城乙訓(おとくに)寺に退隠した。大僧正。享保(きょうほう)4年9月17日死去。72歳。伊勢出身。俗姓は松岡。字(あざな)は自春。号は温如。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android