コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人材銀行 じんざいぎんこう

6件 の用語解説(人材銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人材銀行
じんざいぎんこう

中高年齢者専門に職業紹介をする機関。人手不足が深刻化するに伴い,新しい労働力の供給源として中高年齢者が注目されるようになり,1966年からおもな大都市公共職業安定所のなかに設置されることになったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんざい‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【人材銀行】

中高年齢者の雇用促進策として、その道の熟練者を社会的に有効に活用しようとする職業紹介制度。昭和41年(1966)に発足して以来、全国主要都市に開設されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

人材銀行

人材銀行厚生労働省管轄の機関であり、全国の主要都市の庁舎施設などに12カ所設置されている。
・原則として概ね40歳以上の管理的職業、専門的・技術的職業の求人及び求職に特化した自己完結型の無料の職業紹介を行っている。
・求人及び求職の有効期間は、申込日の属する月を含めて6カ月となる月の末日まで(最長6カ月間)である。
・取り扱う地域は、当該人材銀行を管轄する公共職業安定所の管轄区域と同一であるが、当該地域以外の求人及び求職であっても当該人材銀行を利用することが便利な場合は、受け付けられる。
・全国の人材銀行のうち3カ所(東京人材銀行、神奈川人材銀行及び福岡人材銀行)については、平成19年度からの、「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」に基づき、市場化テストの対象事業として民間事業者に委託されており、人材銀行の運営とともに、運営期間中に人材銀行を利用した者の満足度等の調査が実施されている。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じんざいぎんこう【人材銀行】

管理職,専門職,技術職経験者の求人・求職をおもな対象として扱う,国が設置した職業紹介機関。つまり公共職業安定所の組織の一部であり,いわば専門職業安定所である。人材銀行は1966年9月,東京の渋谷公共職業安定所の中に試行的に設置されたのが始まりで,67年から国が正式に予算措置をすることになり,職安以外の施設を借りて発足した。全国25の都道府県の主要都市に設置されている(1984年末現在)。普通の職安とは異なり,管轄区域を決めてないので,求人・求職ともどこでも自由に利用できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じんざいぎんこう【人材銀行】

定年退職者や中高年求職者に、その経験を生かした専門的職業を紹介する機関。公共職業安定所の組織の一部をいうが、民営のものをよぶこともある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人材銀行
じんざいぎんこう

おおむね40歳以上の管理的職業、専門的職業および技術的職業などの経験者を対象に、無料で専門的な職業紹介を行う公共の機関をいう。企業の求める人材の確保と、求職者のキャリアを生かせる職場の確保を目的に設けられている。組織上は、公共職業安定所(ハローワーク)の内部組織である。1966年(昭和41)9月、渋谷公共職業安定所で試みられ、その後、名古屋、大阪における設置を経て、もっとも多いときには26の都市で開設され(1998)、2009年(平成21)9月現在では札幌、埼玉、千葉、東京、神奈川、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡の12室が開設されている。このうち東京と神奈川、福岡の3室は、「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」に基づいて公設民営方式により運営され、他の9室は、国が直接に実施している。求人と求職の登録は、最長6か月である。求人者と求職者の希望によって更新されることも可能である。就職率は、東京と神奈川、福岡の3室平均で8.7%、他の9室平均で15.8%である(2007年度)。[三富紀敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材銀行の関連キーワード国立健康・栄養研究所労働基準局MI6厚生労働省入省厚生労働大臣ビジネスキャリア制度労働政策審議会都道府県労働局厚生族

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人材銀行の関連情報