純綿(読み)ジュンメン

大辞林 第三版の解説

じゅんめん【純綿】

木綿だけを原料とした糸。また、その糸で織った織物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐めん【純綿】

〘名〙
① まわた。純粋な絹。〔王褒‐聖主得賢臣頌〕
② 人造繊維などの混じっていない木綿糸。また、その織物
※勲章(1946)〈永井荷風〉「よく御覧。みんな純綿だよ。公定だったら税金のつく品物だから」
混ざり物のない白米の飯。また、混ざり物がなく本物であること。
※新語の考察(1944)〈加茂正一〉わが採集帳から「外来の混じてゐない『純綿の御飯』などといふのが、さかんに用ひられてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純綿の関連情報