純綿(読み)じゅんめん

精選版 日本国語大辞典「純綿」の解説

じゅん‐めん【純綿】

〘名〙
① まわた。純粋な。〔王褒‐聖主得賢臣頌〕
② 人造繊維などの混じっていない木綿糸。また、その織物。
※勲章(1946)〈永井荷風〉「よく御覧。みんな純綿だよ。公定だったら税金のつく品物だから」
③ 混ざり物のない白米の飯。また、混ざり物がなく本物であること。
新語の考察(1944)〈加茂正一〉わが採集帳から「外来の混じてゐない『純綿の御飯』などといふのが、さかんに用ひられてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android