コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池川 いけがわ

2件 の用語解説(池川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池川
いけがわ

高知県北西部,仁淀川町北部の旧町域。四国山地南麓,仁淀川の支流土居川,池川川流域にある。 1913年町制。 2005年吾川村,仁淀村と合体して仁淀川町となった。木材,コウゾミツマタなどが主産物。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池川
いけがわ

高知県中央北部、吾川(あがわ)郡にあった旧町名(池川町(ちょう))。現在は仁淀川(によどがわ)町の北東部を占める地域。仁淀川上流、愛媛県境の山間部に位置する。旧池川町は、1913年(大正2)町制施行。1941年(昭和16)富岡村を合併。2005年(平成17)吾川、仁淀の2村と合併して、仁淀川町となった。平地に恵まれず、かつては焼畑農業やコウゾ、ミツマタの栽培が盛んで、和紙の産地であり、近世に銅山(安井)の開発もみられたが、いずれも衰退した。県境近くの平家集落の伝承のある椿山(つばきやま)は、最近まで焼畑が残存したことで有名。近世には伊予松山に通じる街道がここを通過し、土佐藩の番所なども置かれたが、近代以降、国道筋から離れ、過疎化現象が著しい。現在は茶、コンニャク、山菜、下駄などの木工品を産する。国道439号、494号が通じる。紅葉の名所として知られる安居渓谷は県立自然公園になっている。池川神社の池川神楽(かぐら)は、国の重要無形民俗文化財。[大脇保彦]
『『池川町誌』(1973・池川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池川の関連キーワード高知県吾川郡高知県吾川郡仁淀川町岩戸高知県吾川郡仁淀川町大植高知県吾川郡仁淀川町大崎高知県吾川郡仁淀川町大屋高知県吾川郡仁淀川町北高知県吾川郡仁淀川町北浦高知県吾川郡仁淀川町北川高知県吾川郡仁淀川町高瀬高知県吾川郡仁淀川町中

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池川の関連情報