コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今日出海 コンヒデミ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今日出海 こん-ひでみ

1903-1984 昭和時代の小説家,評論家。
明治36年11月6日生まれ。今東光(とうこう)の弟。フランス文学を専攻し,昭和8年明大教授。24年フィリピン戦線の従軍記録「山中放浪」を発表。25年「天皇の帽子」で直木賞。「三木清における人間の研究」など辛口の人物論で知られる。43年文化庁初代長官。53年文化功労者。昭和59年7月30日死去。80歳。北海道出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんひでみ【今日出海】

1903~1984) 小説家・評論家。北海道生まれ。東光の弟。東大卒。巧妙な人物論や文明批評的な新聞小説で知られる。文化庁の初代長官として文化芸術の国際交流に尽力。「迷う人迷えぬ人」「海賊」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今日出海
こんひでみ
(1903―1984)

小説家、評論家、演出家。北海道函館(はこだて)の生まれ。東京帝国大学仏文科卒業。学生時代から演劇活動に参加し、また『文芸都市』『作品』『行動』『文学界』などに評論、随筆、翻訳を発表。1939年(昭和14)明治大学教授。41年、陸軍報道班員としてフィリピンに渡る。44年末、再度ルソン島に赴き、壊滅した日本軍とともに5か月の間山中を敗走。『山中放浪』(1949)はその記録である。50年(昭和25)『天皇の帽子』で直木賞を受賞。『三木清における人間の研究』(1950)、『迷う人迷えぬ人』(1963)など、辛口の人物論が話題となった。68年、文化庁の初代長官。72年、国際交流基金理事長。ほかに文明批評的な新聞小説『怒(いか)れ三平』(1952~53)、『まだまだ夜だ』(1962)などの作品がある。作家今東光(とうこう)は長兄。[古林 尚]
『『日本文学全集59 今東光・今日出海集』(1972・集英社) ▽『山中放浪』『天皇の帽子』(中公文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日出海の関連キーワード諸井 三郎吾妻 徳穂昭和時代三好達治中島健蔵大岡昇平怒れ三平今 東光新聞小説文学界文士劇芸術祭辰野隆東光三平文明尽力海賊

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android