コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今東光 こん とうこう

7件 の用語解説(今東光の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

今東光

小説家。神奈川県生。小説家今日出海の兄。川端康成らと「新思潮」「文芸時代」を創刊し、新感覚派作家として知られる。のち仏門に入り文壇から離れたが、『お吟さま』で直木賞を受賞し、二十数年ぶりに復帰した。中外日報社長・参議院議員。平泉中尊寺貫主。昭和52年(1977)寂、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こん‐とうこう〔‐トウクワウ〕【今東光】

[1898~1977]小説家・僧侶・政治家。神奈川の生まれ。日出海(ひでみ)の兄。一時文壇から離れて天台宗の僧となるが、その後文壇に復帰。大阪の風土や人情を描いた小説で知られる。「お吟さま」で直木賞受賞。他に「春泥尼抄(しゅんでいにしょう)」「悪名」など。昭和43年(1968)からは参議院議員も務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

今東光【こんとうこう】

小説家。横浜市生れ。法名春聴。作家今日出海は弟。中学退学後,1923年《文芸春秋》同人,翌年横光利一川端康成らの《文芸時代》に参加。しかし,やがて両誌とたもとを分かって,村山知義らと《文党》を創刊した。
→関連項目新思潮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今東光 こん-とうこう

1898-1977 昭和時代の小説家,僧。
明治31年3月26日生まれ。今日出海(ひでみ)の兄。大正10年第6次「新思潮」創刊に参加,12年「文芸春秋」創刊にくわわる。昭和5年天台宗の僧となる。32年に「お吟さま」で直木賞。河内(かわち)(大阪府)の風土,人情をこのんでえがく。41年岩手県中尊寺貫主。43年参議院議員。昭和52年9月19日死去。79歳。神奈川県出身。法名は春聴。作品に「痩(や)せた花嫁」「春泥尼抄」「悪名」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こんとうこう【今東光】

1898~1977) 小説家。横浜生まれ。「痩せた花嫁」で注目され、のちに得度とくど。河内の風土を題材にした作品が多い。他に「お吟さま」「悪名」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今東光
こんとうこう

[生]1898.3.26. 横浜
[没]1977.9.19. 佐倉
小説家,権大僧正。 1923年創刊の『文藝春秋』に参加,川端康成,横光利一らと『文芸時代』を創刊して新感覚派文学運動を起したが,菊池寛との確執が原因で脱退,『文党』を創刊 (1925) し左傾した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今東光
こんとうこう
(1898―1977)

小説家。今日出海(ひでみ)の長兄。横浜市生まれ。父が船長であったので転校を重ね、兵庫県の豊岡(とよおか)中学を中退。川端康成(かわばたやすなり)と知り合い、1923年(大正12)第六次『新思潮』に参加。『文芸時代』同人を中途で脱退し、プロレタリア文学運動に呼応した『文党』を主宰した。『痩(や)せた花嫁』(1925)が出世作。30年(昭和5)得度(とくど)して天台宗延暦寺(えんりゃくじ)派の僧侶(そうりょ)となる。法名春聴。千利休(せんのりきゅう)の娘お吟(ぎん)の悲劇的生涯を描いた『お吟さま』(1956)で直木賞受賞。以後、『春泥尼抄』(1957)など、河内(かわち)の人情、風物に取材した「河内もの」を数多く発表した。66年(昭和41)より岩手県平泉の中尊寺貫主、68年には参議院議員となった。[神谷忠孝]
『『今東光代表作選集』全6巻(1972~73・読売新聞社) ▽『日本文学全集59 今東光・今日出海集』(1972・集英社) ▽『お吟さま』(角川文庫・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今東光の関連キーワード土師清二和田芳恵河内仙介桜田常久大谷藤子鈴木彦次郎寺崎浩野沢純長谷川幸延横山美智子

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今東光の関連情報