コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村明恒 いまむらあきつね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今村明恒
いまむらあきつね

[生]明治3(1870).6.14. 鹿児島
[没]1948.1.1.
地震学者。東京大学物理学科卒業 (1894) 。東京大学教授 (1923~31) 。震災予防調査会委員。 1905年雑誌『太陽』に「市街地に於る地震の生命及財産に対する損害を軽減する簡法」を出し,地震予知の基本思想を確立。 29年地震学会を創立し会長となる。主著に『地震の征服』 (26) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いまむら‐あきつね【今村明恒】

[1870~1948]地震学者。鹿児島の生まれ。東大教授。関東大震災直前にその可能性を予告。震災後地震学会を創立、会長となる。地震学の発展、震災予防運動に尽力。著「理論・応用地震学」「のざれごと」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

今村明恒【いまむらあきつね】

地震学者。鹿児島県生れ。1894年東大卒,のち教授。初期の業績に津波原因論,地震波速度の研究があり,初めてS波の毎秒3.3kmを得た。東大の地震学科教室主任,地震研究所所員,1929年地震学会初代会長。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村明恒 いまむら-あきつね

1870-1948 明治-昭和時代の地震学者。
明治3年6月14日生まれ。大正12年東京帝大教授。昭和4年地震学会を設立,会長。学士院会員。明治38年関東地震を統計的に予測し,大森房吉と大論争をした。昭和23年1月1日死去。79歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。帝国大学卒。著作に「理論・応用地震学」(英文),「地震講話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いまむらあきつね【今村明恒】

1870‐1948(明治3‐昭和23)
明治,大正,昭和にまたがって活躍した日本の代表的な地震学者。旧鹿児島藩士今村明清の三男に生まれる。1894年帝国大学理科大学物理学科卒業。その後陸軍教授となり帝国大学助教授を兼ね,また震災予防調査会委員となる。1923年東京帝国大学教授,29年地震学会を創立し会長となる。31年帝大教授を退職,文部省学術研究会議地球物理学部長となり,また帝国学士院会員。1905年統計的見地から関東地震を予言し大森房吉と大論争したことは有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いまむらあきつね【今村明恒】

1870~1948) 地震学者。鹿児島県生まれ。東大教授。地震学会の創立および震災予防運動に尽力。関東大震災直前にその可能性が大きいと訴え、大森房吉と論争を展開。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今村明恒
いまむらあきつね
(1870―1948)

地震学者。鹿児島県出身。1894年(明治27)帝国大学理科大学物理学科を卒業し、陸軍士官学校教授と帝国大学助教授を兼務、震災予防調査会委員としても活躍した。1929年(昭和4)地震学会を創立して会長となる。1931年東京帝国大学教授から文部省学術研究会議物理学部長に移る。1905年(明治38)関東大震災の予言問題に関連して大森房吉と大論争をおこした。1923年(大正12)の関東大地震に際しては、震災予防調査会幹事として調査活動の中心になった。また昭和に入ってからは、測地、測量による地殻変動調査を積極的に企図し、今日の地震予知研究の基本方法確立に貢献するところが大きく、震災防止の啓蒙(けいもう)活動にも積極的に意を用いた。主著『理論・応用地震学』(英文)のほか、『地震講話』『地震の征服』『鯰(なまず)のざれごと』『地震の国』などの啓蒙書も多い。[藤井陽一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今村明恒の関連キーワード北但(ほくたん)大震災武者 金吉昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今村明恒の関連情報