他律(読み)タリツ

デジタル大辞泉の解説

た‐りつ【他律】

自らの意志によらず、他からの命令、強制によって行動すること。⇔自律
他の領域に支配されること。
《〈ドイツ〉Heteronomie》カントの道徳哲学で、意志が理性の先天的な法則に従わず、感性の、自然的欲望に拘束されること。⇔自律

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たりつ【他律】

自分の意志からでなく、他人の意志・命令などによって行動すること。 ⇔ 自律 「 -的態度」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

た‐りつ【他律】

〘名〙
① ほかの規定。他の規
② (Heteronomie の訳語) 哲学で、他人の支配や法・権威など、自分以外のものに服従すること。カントの倫理学では、自分の純粋に道徳的な意志によって行為するのでなく、情欲や自愛などによって規定すること。⇔自律
※善の研究(1911)〈西田幾多郎〉三「一つは他律的倫理学説といふので、善悪の標準を人性以外の権力に置かうとする者と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他律の関連情報