コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他律 タリツ

デジタル大辞泉の解説

た‐りつ【他律】

自らの意志によらず、他からの命令、強制によって行動すること。⇔自律
他の領域に支配されること。
《〈ドイツ〉Heteronomie》カントの道徳哲学で、意志が理性の先天的な法則に従わず、感性の、自然的欲望に拘束されること。⇔自律

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たりつ【他律】

自分の意志からでなく、他人の意志・命令などによって行動すること。 ↔ 自律 「 -的態度」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

他律
たりつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

他律の関連キーワードルチアーノ アンチェスキ他・咤・多・太・汰パーソナリティー世論(よろん)律・慄・率・立フェルミ縮退オートノミーこころの定年パウリの原理アンチェスキパウリ常磁性律(仏教)BCS理論道徳教育絶対音楽琉球処分超対称性自己啓発権威道徳独立栄養

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他律の関連情報