他律(読み)タリツ

デジタル大辞泉の解説

自らの意志によらず、他からの命令、強制によって行動すること。⇔自律
他の領域に支配されること。
《〈ドイツ〉Heteronomie》カントの道徳哲学で、意志が理性の先天的な法則に従わず、感性の、自然的欲望に拘束されること。⇔自律

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ほかの規定。他の規律。
② (Heteronomie の訳語) 哲学で、他人の支配や法・権威など、自分以外のものに服従すること。カントの倫理学では、自分の純粋に道徳的な意志によって行為するのでなく、情欲や自愛などによって規定すること。⇔自律
※善の研究(1911)〈西田幾多郎〉三「一つは他律的倫理学説といふので、善悪の標準を人性以外の権力に置かうとする者と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android