コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付款/附款 フカン

デジタル大辞泉の解説

ふ‐かん〔‐クワン〕【付款/附款】

条件や期限のように、法律行為から生じる効果を制限するために、表意者が特に付加する制限。行政行為についても付されることがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふかん【付款 Nebenbestimmung[ドイツ]】

法律行為(たとえば,賃貸借契約)または行政行為(たとえば道路占用許可)によって生ずべき効果を制限するために,当事者(行政行為の場合には行政庁)によってとくに付加された定め。条件期限などがその内容をなす。〈条件〉とは,行為の効果発生または消滅が,将来生起するかどうかが不確実な事実生起にかからしめられる場合であり(会社の成立を条件として河川の使用を許可する場合などがその例),〈期限〉とは,それが,一定の期日の到来その他,将来生起することの確実な事実の到来にかからしめられる場合である(〈何月何日から道路の使用を許可する〉という場合などがその例)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の付款/附款の言及

【行政行為】より

… なお,以上のような各種の行政行為につき,行政庁がそれを撤回したり取り消したりする行為(後述)および,関係者から一定の行政行為を求める申請ができるとされている場合に,行政庁がそのような申請を拒否する行為も,行政行為である。
[行政行為の効果の発生,消滅と付款]
 行政行為は,行政庁によって決定され,かつ,対外的に表示されることにより,その効果を生ずる。行政庁が,いったん行政行為を行ったのちに,新たな事由が生じたことを理由としてその効果を消滅させることを,〈行政行為の撤回〉という。…

【条件】より

…たとえば,(1)〈A大学に入学すれば〉時計を与える,(2)〈成績が下がれば〉奨学金の給付を打ち切る,というように,法律行為の効力の発生・消滅を,将来の成否不確定な事実にかからせる,という内容の意思表示を条件という。条件は,〈期限〉および贈与の際につけられる〈負担〉とともに,付款とよばれる。付款は,法律行為と一体をなし,その内容に一定の制限を加えるものである。…

※「付款/附款」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

付款/附款の関連キーワード条件(法律)金約款

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android