コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)込む ツケコム

1件 の用語解説(付(け)込むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つけ‐こ・む【付(け)込む】

[動マ五(四)]
相手の弱点やすきに乗じて事を行う。機会を抜け目なく利用して自分が有利になるようにする。つけいる。「人の弱みに―・む」
帳面などに仕訳(しわけ)をしないで事項を順々に記入する。「支出を―・む」
事務処理の上で、記入してはいけない余分な金額を書き加える。「帳簿に―・む」
あとを追って居所をつきとめる。
「おせんが帰るに―・み」〈浮・五人女・二〉
座敷などを前もって予約する。
「一度逢うた太鼓持ちも、かぎ出して来て―・めば」〈滑・浮世瓢箪〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付(け)込むの関連キーワード虚を衝く首根っ子を押さえる好き好む痛打怒鳴り込む殴り込む鼻白む怯む付入る塗込む

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone