コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)込む ツケコム

デジタル大辞泉の解説

つけ‐こ・む【付(け)込む】

[動マ五(四)]
相手の弱点やすきに乗じて事を行う。機会を抜け目なく利用して自分が有利になるようにする。つけいる。「人の弱みに―・む」
帳面などに仕訳(しわけ)をしないで事項を順々に記入する。「支出を―・む」
事務処理の上で、記入してはいけない余分な金額を書き加える。「帳簿に―・む」
あとを追って居所をつきとめる。
「おせんが帰るに―・み」〈浮・五人女・二〉
座敷などを前もって予約する。
「一度逢うた太鼓持ちも、かぎ出して来て―・めば」〈滑・浮世瓢箪〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

付(け)込むの関連キーワードおせん

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android