コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮庵の祭 カリイオノマツリ

4件 の用語解説(仮庵の祭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かりいお‐の‐まつり〔かりいほ‐〕【仮庵の祭】

ユダヤ教の三大祭りの一。祖先がエジプト脱出後、荒野をさまよった生活を記念して、野外に仮小屋を設けて起居し、秋のぶどうや他の果実の収穫を神に感謝する祭り。ユダヤ暦の正月15日から1週間。スッコート。→過ぎ越しの祭ペンテコステ1

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

仮庵の祭

ユダヤ教の祭日。9月か10月に行なわれる。ユダヤ人の祖先がエジプト脱出の折、荒野に仮設の家(仮庵)を建てて住んだことを記念する。「スコット」ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かりいおのまつり【仮庵の祭 Feast of Booths】

秋の収穫を祝うユダヤ教の祭り。ヘブライ語ではスッコートSukkoth。ユダヤ暦ティシュレ月(9~10月)の15日から1週間,人々は屋根を草木でふいた仮小屋を庭やベランダに建て,秋の収穫物を天井から下げ,遠い昔エジプトを脱出した後カナンの沃地に入るまで40年間,シナイネゲブの荒野を彷徨(ほうこう)した先祖の苦労を思いつつ,3度の食事をこのスッカー(仮小屋)の中でとる。雨季が始まる前のさわやかな季節の祭りである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かりいおのまつり【仮庵の祭】

ユダヤ教の三大祝祭の一。秋の収穫を祝う祭り。エジプト脱出後、荒野をさまよった祖先の苦労をしのび、屋外に木で仮小屋を作り、収穫物を天井から下げ、そこで起居する。ユダヤ暦第7月の15日から一週間行う。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の仮庵の祭の言及

【ユダヤ教】より

…贖罪日(同10日)――断食をして罪の許しを乞う。仮庵の祭(同15~21日)――エジプト脱出後の荒野放浪の記念。律法の歓喜祭(同22日)――1年かかった律法の読了を祝う。…

※「仮庵の祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone