コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮設住宅 カセツジュウタク

デジタル大辞泉の解説

かせつ‐じゅうたく〔‐ヂユウタク〕【仮設住宅】

地震・台風などの自然災害によって住宅が全壊などの被害を受け、自力では住居を確保できない被災者に対して、心身保全プライバシーの確保を図るために、行政が建設し一時的に供与する簡単な住宅。災害救助法に基づく被災者支援策の一つとして、都道府県が建設する。原則として、災害発生日から20日以内に着工され、供与期間は2年以内と定められているが、災害の状況によって延長される場合がある。応急仮設住宅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

仮設住宅

主に公有地などにプレハブなどで建てられる「建設仮設」と、民間や公営の賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設」がある。東日本大震災では建設仮設は約5万3千戸。みなし仮設は約8万3千戸に上った。

(2013-04-07 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮設住宅
かせつじゅうたく

災害によって住まいを失った世帯向けの応急仮設住宅。略して仮設住宅とよぶことが多い。1995年(平成7)の阪神・淡路大震災、2011年(平成23)の東日本大震災、福島第一原子力発電所事故による避難などで大規模に建設された。被災者にとっては、被災直後の避難所の次の住まいであり、落ち着いて生活できる恒久復興住宅や再建した自宅の前段階になる。応急仮設住宅は、被災者の仮住まいを迅速に建設する必要があることと、短期間での退去が予定され、建設地も限られるために簡易な工法・構造であり、住戸も狭小、画一的で設備も最小限となることが多い。改善されてきてはいるが、住み心地や設備などの不具合、施工不良などの問題がつねに指摘される。さらに住宅の質だけでなく、居住地や生活の場として、居住者の精神的不安定や近隣関係、高齢者問題、生活問題など対処すべき課題が多い。[多治見左近]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仮設住宅の関連キーワードペット飼育、住宅によって対応まちまち東日本大震災による被害と復興の現状再びコミュニティー維持が課題に災害時要援護者の広域避難計画被災者の長期的心身ケア必要民間賃貸住宅の借り上げ制度大槌町の仮設住宅入居者調査プレハブに今も2万4千人災害公営住宅(復興住宅)仮設住宅地のまちづくり特定非常災害特別措置法伊豆大島の土石流災害仮設住宅での医療ケア大滝ダムの地滑り問題福島県外での避難生活仮設住宅アンケート被災地の医療ニーズ町内会の解散・休止長期化する入居期間仮設住宅の集会所

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮設住宅の関連情報