伊弉諾・伊弉冉尊(読み)いざなぎいざなみのみこと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊弉諾・伊弉冉尊
いざなぎいざなみのみこと

記紀神話に登場する創造神。伊邪那岐・伊邪那美命とも書く。この二神は淤能碁呂(おのごろ)島に降(くだ)り、柱の周辺を回りながら愛のことばを交わし、結婚する。伊弉冉尊は、次々と多くの国々や神々を生むが、最後に火の神を生んだために亡くなり、黄泉国(よみのくに)(死者の国)へ旅立つ。伊弉諾尊は妻を慕うあまり黄泉国を訪れるが、見てはいけないという忠告を無視して彼女の骸(むくろ)をのぞいたため、二神の間に争いが起こり、黄泉比良坂(よもつひらさか)でお互いに憎しみのことばをぶつけあって別れる。伊弉諾尊は黄泉国での穢(けがれ)を清めるため、筑紫(つくし)(九州)の阿波岐原(あわぎはら)へ行って禊祓(みそぎはらい)をする。そのときに多くの神々が生まれるが、最後に天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読命(つくよみのみこと)、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)の三貴子が、左右の目や鼻から誕生した。そののち、伊弉諾尊は淡海(おうみ)の多賀に鎮まった(『古事記』)とされるが、『日本書紀』では淡路島となっており、場所が異なる。しかし淡路島の津名郡には伊弉諾神宮があり、国生みの際、淡路島が最初に生まれたとされていることなどからすると、『日本書紀』の伝承のほうが説得力があると思われる。
 淡路島にこの命の原像がみられるように、本来この神は海人(あま)が祀(まつ)る地方神だったが、それが記紀神話に取り入れられてから、天照大神の親神という巨大神にまで成長した。[守屋俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android