コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤痴遊 イトウチユウ

4件 の用語解説(伊藤痴遊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いとう‐ちゆう〔‐チイウ〕【伊藤痴遊】

[1867~1938]講談師・政治家。武蔵の生まれ。本名、仁太郎。衆議院議員に当選してから大衆の政治意識高揚のために、政治講談を行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊藤痴遊【いとうちゆう】

政治家,講談師。横浜出身。旧姓井上,本名仁太郎。1881年自由党に入り星亨に師事。加波山(かばやま)事件,静岡事件などに関係,1887年政治,人物論を中心に政治講談を創始,双木舎痴遊と号し政治運動を本業ともした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いとうちゆう【伊藤痴遊】

1867‐1938(慶応3‐昭和13)
政治家,講談師。旧姓井上。本名仁太郎(にたろう)。横浜生れ。1881年自由党に入り星亨門下の壮士として活躍,86年の静岡事件や翌年の秘密出版事件などに連座し処罰されたこともある。87年政治講談を創始,政界の裏話や人物譚などを巧みに談じ名声を得たため,やがてこれを本業とし,双木舎痴遊と号した。以後,話芸の向上発展に尽くし,晩年には話術研究会を主宰した。一方,東京府会議員などを歴任し,1928年より代議士当選2回。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤痴遊
いとうちゆう
(1867―1938)

講釈師。本名仁太郎(にたろう)。横浜生まれ。自由党に入り、星亨(とおる)に師事。東京府会議員などを経て、1928年(昭和3)普通選挙第1回の衆議院議員に当選。一方、1890年(明治23)双木舎(そうぼくしゃ)痴遊と名のり、自らの見聞に裏打ちされた自作の政治講談を行い、のち伊藤と改める。『伊藤痴遊全集』全30巻(1929~31)は講釈師として空前で、ほかに話術の向上を図って話術倶楽部(クラブ)を創設、1935年創刊の『痴遊雑誌』は舌耕(ぜっこう)文芸の研究資料として有益である。なお、2代(1910―83)は本名妹尾(せのお)謙治。初代の娘婿で、田辺南遊を経て1958年(昭和33)に襲名。初代と同じく、政治講談、時事講談を得意とした。[延広真治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤痴遊の関連キーワード田中松斎森大狂而妙齋伊藤痴遊(初代)神崎一作倉知誠夫塩田泰介原錦吾山本瑞雲渡辺晨畝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊藤痴遊の関連情報