コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会寧(読み)カイネイ

デジタル大辞泉の解説

かいねい〔クワイネイ〕【会寧】

朝鮮民主主義人民共和国北東部の商業都市。豆満江を隔てて接する中国との貿易が盛ん。会寧焼の壺・鉢などを産出。ホェリョン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいねい【会寧 Hoeryŏng】

朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道北部の郡。郡の大半は南部をさえぎる咸鏡山脈の1000m級の尾根から豆満江へいたる緩斜面の山林地帯となっているが,豆満江に沿って比較的広い会寧盆地がみられる。この盆地を中心とする一帯は,李朝時代初期まで女真族の居住地であり,これを制圧した李王朝は北辺六鎮の一つとして会寧鎮を置いた。その後も豆満江北方諸族との交流が続けられ,会寧は国境の交易市として発達した。李朝末以降は対岸の間島地方へ移住する朝鮮人が増加した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいねい【会寧】

フェリョン【会寧】

〔フェーリョンとも〕 朝鮮民主主義人民共和国北東部、中国との国境をなす豆満江中流の東岸に臨む都市。朝鮮王朝時代、女真および清との交易の中心地。かいねい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会寧
かいねい / フェリョン

北朝鮮、咸鏡北道(かんきょうほくどう/ハムギョンプクド)北部の会寧郡にある邑(ゆう)(町)。郡の所在地。李(り)朝時代の六鎮(りくちん)の一つで城壁が残っている。豆満江(とまんこう/トマンカン)を隔てて中国東北に接し、豆満江材、会寧炭の対中国貿易が盛んであった。豆満江沿岸には貯木場と製材所がある。また会寧炭は、第三紀始新世の会寧統から褐炭が産出されている。会寧焼の本場で、高麗(こうらい)時代以来の伝統ある製陶地であり、壺(つぼ)、鉢、椀(わん)類を生産している。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

会寧の関連情報