コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝染性肝炎 デンセンセイカンエン

世界大百科事典 第2版の解説

でんせんせいかんえん【伝染性肝炎 infectious hepatitis】

イヌを侵すウイルス性伝染病で,直接,間接接触によって伝播(でんぱ)する。潜伏期は2~5日で,初め40℃以上の高熱を発するがすぐさがり,2~3日平熱で経過し再び発熱し,鞍(くら)形の熱型を示すのが特徴である。すべての年齢のイヌが侵されるが,幼若犬ほど重症のことが多い。迅急重篤型は,朝元気だった子イヌが午後には虚脱状態になり,夕方には死亡してしまい,手当ての余裕すらないことが多い。一般症状は食欲不振と元気消失が主で,合併症がなければ他に特別な症状はみられないが,重症では嘔吐腹痛を伴う血便がみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

伝染性肝炎の関連キーワードロビンズ(Frederick Chapman Robbins)A型肝炎肝炎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android