コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伯夷・叔斉 はくい・しゅくせい Bo Yi Shu Qi

3件 の用語解説(伯夷・叔斉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伯夷・叔斉
はくい・しゅくせい
Bo Yi Shu Qi

中国,殷周交代期 (前 1100頃) に現れた賢人の兄弟。孤竹国 (河北省?) の公子。父が弟の叔斉を世継ぎにしたが,叔斉は兄の伯夷に譲ろうとし,ついに2人とも位を捨て去った。彼らは周の文王を慕って,その地に行ったところ,武王の伐殷の役にあい,これを不仁な行いとして武王に諫言した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伯夷・叔斉【はくい・しゅくせい】

中国の古代伝説上の賢人兄弟。伯夷が兄,叔斉は弟。孤竹国の公子。周の武王が殷(いん)の(ちゅう)王を討つのは不義であるとし,首陽山に隠れ,ワラビのみを食し,餓死して清節を保ったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伯夷・叔斉
はくいしゅくせい

中国、殷(いん)周交代期(前1100前後)のころの伝説的な聖人の兄弟。伯・叔は長幼を示す。『史記』伯夷列伝によると、殷代の孤竹(こちく)国の国君の子。父の死後、位を譲りあって、ついにともに国を逃れ、周の西伯昌(せいはくしょう)(文王)の徳を慕って周へ行った。しかし、周の武王が父文王の死後すぐに殷の紂(ちゅう)王を討ったことを、不孝、不仁として周の粟(ぞく)を食(は)むことを拒み、首陽山に隠れてワラビを食とし、ついに餓死したという。その行いは孔子以来、儒家によって「仁」と高く評価されているが、一方、司馬遷(しばせん)はこの話から天道の是非、個人が歴史に名を残すことの偶然性などを思い、この伯夷列伝を『史記』列伝の最初に置いた。[安倍道子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伯夷・叔斉の関連キーワード威烈王鞍山頃・比荘王呂振羽彝器子有殷周伝説自交代作用殷周青銅器

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伯夷・叔斉の関連情報