コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窺う ウカガウ

デジタル大辞泉の解説

うかが・う〔うかがふ〕【×窺う】

[動ワ五(ハ四)]
すきまなどから、ひそかにのぞいて見る。「鍵穴から中を―・う」
ひそかにようすを探り調べる。「顔色を―・う」「ライバル会社の動きを―・う」
一部分から全体を推し量って知る。それとなくようす、状況を察する。「意気込みのほどが―・われる」「その一斑(いっぱん)を―・うことができる」
ようすを見て、好機の訪れるのを待ち受ける。「逃走の時機を―・う」
一応心得ておく。
「弓射、馬に乗ること…必ずこれを―・ふべし」〈徒然・一二二〉
調べ求める。調べ探す。
「近く本朝を―・ふに」〈平家・一〉
[可能]うかがえる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うかがう【窺う】

( 動五[四] )
〔上代は「うかかふ」と清音〕
気づかれないように物陰やすきまから様子をみる。 「窓越しに家の中を-・う」
相手の反応を気にして様子をみる。 「親の顔色を-・う」 「上役の鼻息を-・う」 「寝息を-・う」
機会の来るのをじっと待つ。 「好機を-・う」
物事の一端を知る。 「内情の一端を-・う」 「弓射、馬に乗る事、六芸に出せり、必ずこれを-・ふべし/徒然 122
調べてみる。かんがみる。 「近く本朝を-・ふに/平家 1
[可能] うかがえる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

窺うの関連キーワード米沢彦八(2代)正親町公明顔色を窺う榊原篁洲松前公広平野金華太田資正横田順宣近衛家煕浅井了意津軽信明ボール日羅寝息鼻息写影顔色伺う

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

窺うの関連情報