コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窺う ウカガウ

2件 の用語解説(窺うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うかが・う〔うかがふ〕【×窺う】

[動ワ五(ハ四)]
すきまなどから、ひそかにのぞいて見る。「鍵穴から中を―・う」
ひそかにようすを探り調べる。「顔色を―・う」「ライバル会社の動きを―・う」
一部分から全体を推し量って知る。それとなくようす、状況を察する。「意気込みのほどが―・われる」「その一斑(いっぱん)を―・うことができる」
ようすを見て、好機の訪れるのを待ち受ける。「逃走の時機を―・う」
一応心得ておく。
「弓射、馬に乗ること…必ずこれを―・ふべし」〈徒然・一二二〉
調べ求める。調べ探す。
「近く本朝を―・ふに」〈平家・一〉
[可能]うかがえる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うかがう【窺う】

( 動五[四] )
〔上代は「うかかふ」と清音〕
気づかれないように物陰やすきまから様子をみる。 「窓越しに家の中を-・う」
相手の反応を気にして様子をみる。 「親の顔色を-・う」 「上役の鼻息を-・う」 「寝息を-・う」
機会の来るのをじっと待つ。 「好機を-・う」
物事の一端を知る。 「内情の一端を-・う」 「弓射、馬に乗る事、六芸に出せり、必ずこれを-・ふべし/徒然 122
調べてみる。かんがみる。 「近く本朝を-・ふに/平家 1
[可能] うかがえる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窺うの関連キーワード商う為合う綯う掻っ攫う聞損なう好き合う付き纏う詰合う引っ攫う行迷う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

窺うの関連情報