梲が上がらない(読み)ウダツガアガラナイ

デジタル大辞泉の解説

梲(うだつ)が上がら◦ない

地位・生活などがよくならない。ぱっとしない。
[補説]2を設けたのが物持ちの家だったからとも、「梲が上がる」が棟上げをするの大工言葉から転じて志を得る意となったことからともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うだつがあがらない【梲が上がらない】

出世したり、金銭に恵まれたりしない。よい境遇になれない。 〔家を建て、棟上げすることを「梲 があがる」といったことから。また、梲うだち が金持ちでなければ作れなかったことからとも〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android