不振(読み)フシン

デジタル大辞泉の解説

ふ‐しん【不振】

[名・形動]勢い・成績・業績などがふるわないこと。盛んでないこと。また、そのさま。「不振な経営を立て直す」「食欲不振

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふしん【不振】

勢いの振るわないこと。成績などがよくないこと。 「商売が-だ」 「食欲-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐しん【不振】

〘名〙
① (形動) 勢いや成績、業績などがふるわないこと。ふるいたたないこと。また、そのさま。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉五「只人心の振不振(フシン)兵機の関係する所に候得ば」 〔漢書‐酷吏伝序〕
② 取引市場の人気がふるわず、出来高が極端に少ないこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不振の関連情報