コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弱る ヨワル

デジタル大辞泉の解説

よわ・る【弱る】

[動ラ五(四)]
体力・気力が衰える。「視力が―・る」「病気で―・る」
物事の力や勢いがなくなる。「火力が―・る」「雨脚が―・る」
困る。困却する。「処置に―・る」「―・ったことに終電車に乗り遅れた」
魚や肉などの鮮度が落ちる。
「―・りし鯛の腹に」〈浮・永代蔵・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よわる【弱る】

( 動五[四] )
〔「弱し」の動詞化〕
体力が衰える。身体が弱くなる。 「体が-・る」 「脚力が-・る」
物事の勢いが衰える。 「気力が-・る」 「秋風に声-・り行く鈴虫の/後拾遺 秋上
困る。 「 - ・った事になった」
魚肉などの鮮度が落ちる。 「 - ・りし鯛の腹に針の立所/浮世草子・永代蔵 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弱るの関連キーワードエイズウイルス(HIV)ジューンドロップ痛い所を突かれる潰える・弊える思い頽れる潰え・弊え弱り果てる病み耄ける瘁ゆ・瘼ゆ千引きの綱暑気中り浮世草子老化現象心折れる意気阻喪ヒコ生え思ひ弱る寒さ負け憤けるそりゃ

弱るの関連情報