低調(読み)ていちょう

精選版 日本国語大辞典「低調」の解説

てい‐ちょう ‥テウ【低調】

〘名〙 (形動)
① 音の調子のいこと。また、その調子。
冷笑(1909‐10)〈永井荷風〉一二「東洋音楽の単純無変化なる其の低調に対して堪へがたい程の寂寞悲哀を感ずるのであった」
② 内容が充実していないこと。内容の薄いこと。俗っぽいこと。また、そのさま。
蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉三「仏教の影響を離れれば離れるほど、だんだん低調になるばかりである」
③ 調子がよく出ないこと。仕事がよく進まないこと。また、そのさま。
④ もりあがりのないこと。興趣にかけること。また、そのさま。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉四「『思ひ出す事など』は平凡で低調(テイテウ)な個人の病中に於ける述懐と叙事に過ぎないが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「低調」の解説

てい‐ちょう〔‐テウ〕【低調】

[名・形動]
内容の水準が低いこと。また、そのさま。「低調な応募作品」
調子が出なくて、気勢が上がらないこと。盛り上がりに欠けること。また、そのさま。「売れ行き低調だ」「低調な試合はこび」
[派生]ていちょうさ[名]
[類語](1低い小さい少ない小さめ少なめ低度/(2変調不順不調不振乱調低迷なまるにぶる冴えない伸び悩む上がったりスランプうだつが上がらない弱る弱まる鈍化弱化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android