住友化学(株)(読み)すみともかがく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住友化学(株)
すみともかがく

住友系の総合化学会社。別子(べっし)銅山四阪(しさか)島製錬所の煙害を緩和し、あわせて農家に過リン酸肥料を安く供給しようというねらいで、1913年(大正2)住友総本店内に肥料製造所が設置されたのに始まる。1925年に住友合資から独立し、住友肥料製造所として新発足。1934年(昭和9)住友化学工業と改称。1944年には日本染料製造を合併。その間硫安、アルミニウム、染料など事業を多角化し、総合化学会社としての基礎を確立した。第二次世界大戦後は、1946年(昭和21)に日新化学工業と改称したが、52年には住友化学工業に名称を戻し、合成繊維原料、農薬、塩化ビニル、合成ゴムなどの新規事業にも進出した。同時に石油化学への原料転換を進め、1965年以降千葉地区で大規模な石油化学事業を展開。ファイン・ケミカル部門にも力を入れている。1977年以降シンガポールで石油化学事業を本格的に展開。1984年同系列の商社稲畑(いなばた)産業との共同出資で住友製薬(現大日本住友製薬)を設立。2000年(平成12)には住友製薬と共同運営でゲノム科学研究所を設立する。2001年情報電子化学分野に進出。2004年10月より現社名。資本金897億円(2008)、売上高9333億円(2008)。愛媛(新居浜(にいはま))、千葉などに工場をもつ。[橘川武郎]
『住友化学工業株式会社編・刊『住友化学工業株式会社史』(1981) ▽住友化学工業株式会社編・刊『住友化学工業最近二十年史』(1997)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android