コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住田又兵衛 すみだまたべえ

世界大百科事典 第2版の解説

すみだまたべえ【住田又兵衛】

歌舞伎囃子方住田派の家元名。現在まで4世を数え,代々笛方を勤めているがとくに3世が著名。初世(1814‐61)は2世住田又七の娘多賀の門弟金太郎が1833年(天保4)に又兵衛となる。2世(1839‐1903)は初世の門弟由之助がその養子となり,1864年(元治1)に襲名する。3世(1859‐1921)は2世の門弟又四郎が1910年に襲名,笛の名手で,長唄研精会に属して色気のある音色をきかせて人気を博した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

住田又兵衛の関連キーワード住田 又兵衛(4代目)住田 又兵衛(3代目)住田 又兵衛(4世)住田又兵衛(初代)住田又兵衛(4代)住田又七(3代)10月30日長唄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android