コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久島 さくしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐久島
さくしま

愛知県南部,三河湾にある湾内最大の。面積 1.81km2。1島 1村であったが,1954年一色町に,2011年西尾市に編入。江戸時代末期は千石船も通う湾内海運の拠点であった。三河湾国定公園の指定を受けて観光地としての比重が高まり,民宿などの施設があり,海水浴客,釣人が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

佐久島

三河湾にある面積1・73平方キロの島。人口247人(1日現在)で、65歳以上は半数を超える。コンビニエンスストア信号機もない。「祭りとアートに出会う島」を掲げ、中で寝ることができる立方体や、数十のカモメプレートなど、立体作品22点が海岸や集落内に置かれている。愛知県西尾市の一色港から市営定期船が出ている。

(2016-08-30 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕佐久島(さくしま)


愛知県南部、三河(みかわ)湾湾口に浮かぶ島。面積1.8km2。幡豆(はず)郡一色(いっしき)町に属する。最高地点でも標高38mのなだらかな島。沿岸漁業・ミカン栽培に代わり、海水浴・釣り・キャンプなど観光産業が盛ん。古代製塩遺跡や古墳群がある。一部が三河湾国定公園に含まれる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐久島
さくしま

愛知県中南部、三河(みかわ)湾にある島。三河湾国定公園に含まれ、三河湾最大の島。面積1.81平方キロメートル。旧幡豆(はず)郡佐久島村をなしていたが、1954年(昭和29)一色(いっしき)町(現、西尾市)に編入された。知多半島沖の日間賀(ひまか)島、篠(しの)島とともに三河湾三島の一つ。最高点38メートルの低平な台地で、地質は日間賀島と同様新第三紀層の砂岩、頁(けつ)岩の互層。花崗(かこう)岩の篠島とは異なっている。江戸時代には三河海運の拠点で、江戸通いの千石船を所有する2軒の業者もあった。島民の生業は漁船漁業が主であったが、最近は旅館、民宿など観光開発も進み、海水浴、魚釣りなどにくる客が多い。定期船で一色港から約20分。1973年、海底水道が敷設され、愛知用水からの送水が始まった。人口298(2009)。[伊藤郷平]
『『愛知の離島』(1982・愛知県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の佐久島の言及

【一色[町]】より

…遠浅の海ではノリの養殖や底引網漁業が行われ,漁業関連の食品加工,漁網製造などの工業もみられる。一色漁港の南約7kmにある佐久島は三河湾国定公園の中にあって,海水浴や釣りのできる観光地である。名鉄三河線,国道247号線が通り,大提灯祭で知られる諏訪神社がある。…

※「佐久島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐久島の関連キーワード愛知県西尾市一色町佐久島愛知県の3島PR一色〈町〉愛知用水パッチ網知多半島知多湾幡豆重吉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐久島の関連情報