コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐織 さおり

2件 の用語解説(佐織の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐織
さおり

愛知県西端,愛西市北東部の旧町域。日光川中流域にある。 1939年町制。 2005年佐屋町,立田村,八開村の3町村と合体して愛西市となった。江戸時代から織物が盛んで,佐織縞として知られていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐織
さおり

愛知県西部、海部(あま)郡にあった旧町名(佐織町(ちょう))。現在は愛西(あいさい)市の北東部を占める一地区。古い集落は日光(にっこう)川の自然堤防上に立地する。1939年(昭和14)町制施行。2005年(平成17)佐屋(さや)町、立田(たつた)村、八開(はちかい)村と合併、市制施行して愛西市となる。名古屋鉄道津島線、同尾西(びさい)線、国道155号が通じ、交通の便がよいので名古屋市のベッドタウンとして発展している。織田信秀(のぶひで)(信長の父)の居城勝幡(しょばた)城跡がある。隣接する津島市の影響で毛織物工業が盛んであるが、前身は江戸時代に農家の副業として織られた木綿の佐織縞(じま)。一帯は海抜ゼロメートル以下の干拓地で、水田作と特産の芽ショウガの産地。芽ショウガは全国の80%を占めていたが、安価な輸入品におされ、生産量は減少している。[伊藤郷平]
『『佐織町史』全3巻(1982~1989・佐織町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐織の関連情報