コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐屋 さや

2件 の用語解説(佐屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐屋
さや

愛知県西端,愛西市南東部の旧町域。 1955年佐屋村と市江村の一部が合体して町制。 2005年立田村,八開村,佐織町の3町村と合体して愛西市となった。佐屋街道の旧宿場町で,江戸時代佐屋川 (廃川) に佐屋湊が置かれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐屋
さや

愛知県西部、海部(あま)郡にあった旧町名(佐屋町(ちょう))。現在は愛西(あいさい)市の南東部を占める一地区。海抜ゼロメートル地帯で、古い集落は旧佐屋川の自然堤防上にある。1955年(昭和30)佐屋村が市江(いちえ)村の一部を編入して町制施行。2005年(平成17)佐織(さおり)町、立田(たつた)村、八開(はちかい)村と合併、市制を施行して愛西市となる。JR関西本線、名古屋鉄道尾西(びさい)線、国道1号、155号が通じる。近くに東名阪自動車道の弥富(やとみ)インターチェンジがある。東海道の海上七里の渡しを好まぬ人たちのために1634年(寛永11)脇往還(わきおうかん)佐屋路(じ)が開通、佐屋宿、佐屋湊(みなと)ができた。佐屋宿には本陣、問屋、旅籠(はたご)が置かれ、伝馬、人足各50が常備された。佐屋湊には舟番所、舟17隻(1868)があり、佐屋―桑名(くわな)間3里の旅は舟運によった。湊は廃藩置県(1871)で廃止、佐屋川も明治末期には廃川となった。トマトや鉢花栽培など近郊農業が行われ、地場産業の繊維工業のほか、機械工業も進んでいる。近年、名古屋市への通勤者が急増している。[伊藤郷平]
『『佐屋町史』全7巻(1976~1996・佐屋町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐屋の関連キーワード愛知県愛西市稲葉町愛知県愛西市大井町愛知県愛西市大野町愛知県愛西市塩田町愛知県愛西市諏訪町愛知県愛西市立田町愛知県愛西市根高町愛知県愛西市南河田町愛知県愛西市宮地町愛知県愛西市森川町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐屋の関連情報